東京大学 3 - 4x 早稲田大学
勝:柴田 敗:小林大
本塁打:なし

 

早大・福岡(④川越東)の一打でサヨナラ勝ち

 

先週の明大戦でようやく打線が温まり始めた早大が序盤はペースを握る。初回、東大のエース・小林大(④横浜翠嵐)を攻め立てた早大打線は満塁のチャンスを作ると、6番・田口(④早稲田実)が押し出し四球を選び先制。

さらに3回にも早大追加点。2番・中川卓(①大阪桐蔭)が2打席連続ツーベースで出塁すると、四球を挟み田口が2点タイムリーツーベースを放ち3-0。

しかしここから東大が反撃。まず5回、代打・大音(②湘南)が左中間を破るタイムリーツーベースで1点を返すと、6回には今季好調の石元(③桐朋)のセカンドへのタイムリー内野安打で1点差。

そして8回、今季開幕から東大の4番に座る青山(④広島学院)がセンター前タイムリーで3-3の同点。

2年ぶりの勝利を掴みたい東大は、中盤以降早大打線を抑えてきた小林大が9回も続投。延長へ望みを繋ぎたい東大だったが、エラーと四球でピンチを招くと、今季は不振に苦しんでいた早大・福岡(④川越東)がショートの頭を超える打球を放ち早大がサヨナラ勝ち。

早大4番手で登板した柴田(③早大学院)はリーグ戦初勝利を掴んだ。