早稲田大学 0 - 2 法政大学
勝:朝山 敗:徳山
本塁打:なし

2試合連続の完封リレーで法大が勝ち点1を獲得


早大・徳山(②大阪桐蔭)、法大・鈴木(③常総学院)の先発で始まったこの試合。
1回表、鈴木が1死満塁のピンチをダブルプレーで切り抜けると、徳山は3者連続奪三振と好調な立ち上がりを見せる。

その後も両投手の好投が続き、1点を争う試合となる。


試合が動いたのは5回裏。
法大・福田(④大阪桐蔭)がヒットで出塁すると、毛利(④愛工大名電)も続く。
1死1、2塁から昨日決勝点を放った相馬(④健大高崎)がタイムリーツーベースを打ち先制に成功する。
さらに朝山(④作新学院)の内野ゴロの間に1点を追加しリードを広げる。

追いつきたい早大だが、ランナーを出すも後が続かず1点が届かない。

その後も、お互い譲らない展開が続くが、法大の継投策が今日も的中し早大に得点を与えない。


2試合連続で完封リレーを見せた法大が連勝スタートを飾った。