バレーボール日本代表・柳田将洋が自身のInstagramを更新し、チームメイトと過ごしたオフタイム画像が公開された。

話題になったInstagramは8日、アジア選手権を前にオフタイムを過ごしていた日本代表メンバーの様子。

アイスクリームを片手に、柳田とともに笑顔のショットが拡散された。

SNS上には「主将!頑張ってください」といった応援の声や「トルコアイスですね」など、ほのぼのメッセージもコメント欄に寄せられている。

柳田将洋も参戦する「ワールドカップバレー2019」は、9月14日開幕だ。今回は、日本全国8都市で男女大会が開催される。

文/スポーツブル編集部

___

2019年9月14日、4年に一度のバレーボールのBIG MATCHが日本にやってくる。その名も!

FIVB Volleyball World Cup 2019

「FIVB Volleyball World Cup」とは、国際バレーボール連盟(FIVB)が主催する、オリンピック・世界選手権と並ぶ世界3大大会のひとつ。4年に一度開催される。開催国・日本、2018世界選手権の優勝国を含む世界のトップチームが集結し男女各12チームが総当たりで順位を争う。しかも今秋、FIVBワールドカップバレーボール2019男女大会が開催されるのは、国内8都市。2019年の大会は、世界レベルのバレーが日本全国で目撃可能なのだ。

前回の「FIVB Volleyball World Cup2015」では、日本女子が木村沙織キャプテンのもと、セルビア・ロシアなどの強豪と激闘を演じ5位でフィニッシュした日本。世界デビューとなった古賀紗理那が才能を開花させた。また2011年大会10位の日本男子は6位と大躍進。石川祐希・柳田将洋が大ブレイク、チケットが瞬く間に完売する人気ぶりとなった。

リオ五輪前年に開催されたこの大会の女子上位3チーム(中国・セルビア・アメリカ)が五輪でも同順位でメダル獲得。男子は優勝したアメリカ、2位イタリアがリオ五輪でメダルを獲得した。まさに今秋の「FIVB Volleyball World Cup 2019」は、その10か月後に迫る2020東京五輪に直結する重要な大会となる。

現在、無料スポーツアプリ「スポーツブル」内の「ワールドカップバレー」ページでは「FIVB Volleyball World Cup 2019」の大会情報が公開中。そして、バレーファン必見の新コンテンツ『デジタルワールドカップバレー2019』も大会に先駆け、いち早くチェック可能だ。

9月14日(土)から10月15日(火)にかけてフジテレビ系列で生中継される『FIVBワールドカップバレーボール2019』をより楽しめるコンテンツとして、日本代表戦全22試合の同時配信・見逃し配信や、海外勢同士の試合を含む全132試合のフルマッチ配信、最新技術を駆使した放送連動企画など多彩な企画を集約した『デジタルワールドカップバレー2019』。バレーボールファンのみならず、ワールドカップバレーの魅力に触れるスペシャルコンテンツは、スマホやPCであなただけのMY!バレーボールLIFE!が楽しめる。

文/スポーツブル編集部

___

開催概要・大会名:FIVBワールドカップバレーボール2019男女大会「FIVB Volleyball World Cup 2019」

開催日程・開催都市
女子大会 / 2019年9月14日(土)~9月29日(日) 開催都市/横浜・浜松・札幌・富山・大阪
男子大会 / 2019年10月1日(火)~10月15日(火) 開催都市/福岡・長野・広島

試合方式:男女とも12チームによる1回戦総当たり戦(シングル・ラウンドロビン方式)

出場チーム:開催国・日本と2018世界選手権優勝国を含む、世界のトップチーム男女各12チーム

___

現在「スポーツブル」内の「ワールドカップバレー」ページでは、開幕直前の日本代表の親善試合(男女4試合)を無料配信中。バレーボール全日本女子チーム“火の鳥NIPPON”、バレーボール全日本男子バレーボール“竜神NIPPON”、日本バレーの躍動をスマホやPCでチェックしよう。