◆プロバスケットボールB1リーグ ▽プレシーズン戦 川崎77(19-13、16-13、18-14、24-11)51北海道(7日・北海きたえーる)

 B1レバンガ北海道は今季初の実戦で川崎に51-77で完敗、苦い船出となった。新スローガン「変わレ」のもと先発ファイブにSG松島良豪(27)以外は、PG橋本竜馬(31)、SFカミングス(30)、PFミークス(24)、Cファイ・パプ月瑠(32)の新戦力4人を投入。川崎は日本代表2選手がW杯(中国)参加中で不在だが、3Pを31本中14本決める(45・2%)攻勢。レバンガは20本中4本のみ(20%)だった。内海知秀HC(60)は「外国人2人は加入まもないし、まだゲームでの実戦勘と体力が不足している」と話した。

 光ったのは、闘争心あふれる守りでチームを鼓舞した新司令塔の橋本で、8得点、3リバウンド、2アシストと活躍。「外国人に託すのではなく、日本人もアグレッシブに戦うことが必要」と闘志を見せた。(小林 聖孝)