2016年8月、北照(南北海道)は『秋季北海道大会への出場を辞退する』と、道の高校野球連盟に届け出た。原因は部員による暴力や校則違反で、活動停止処分に。その期間が明けたあとの2017年1月に、長く同校野球部の部長を務めていた上林弘樹が監督に就任した。

 再出発した野球部は、2018年夏の南北海道大会を勝ち抜いて5年ぶりに甲子園出場を果たす。結果は初戦敗退(福岡の沖学園に2-4)だったが、今年も南北海道大会の決勝に進み、札幌国際情報との延長14回の接戦を制して(4-3)甲子園に戻ってきた。




夏の甲子園での初勝利を目指した北照の選手たち

 悲願である”夏の甲子園での1勝”を目指す初戦の相手は、中京学院大中京(岐阜)。3年ぶり7度目の出場となる中京学院大中京は、岐阜大会決勝で甲子園常連校の大垣日大を逆転で下したチームで、予選6試合のチーム打率は.426を誇る。

 その強力打線に立ち向かったのが、北照の「エースで四番」の桃枝丈(もものえ・じょう)だ。

 5回まで0-0で進んだ試合の均衡を破ったのは、桃枝のバットだった。6回表ツーアウト一、三塁の場面で打席に立ち、センター前ヒットで1点を先取。投げてはその裏の攻撃をしのぎ、勝利まで残り3イニングとなった。6回まで被安打4と好投していた桃枝だったが、7回裏、上林監督がもっとも避けたかった「ビッグイニング」を許してしまう。

 中京学院大中京の九番・元謙太(げん・けんだい)がレフト前ヒットで出塁すると、ワンアウト後に二番・申原愛斗が左中間への二塁打を打ち同点に。桃枝はツーアウトまでこぎつけたが、四番・藤田健斗にレフト前ヒットを打たれ逆転を許した。続く五番・小田康一郎にもレフト前に運ばれ1-3。さらに三振振り逃げとライト前ヒットでもう1点を失った。

 北照は8回表に1点を返し、9回表にも八番・山崎昂大のセンターオーバーの二塁打で1点差に迫ったが、あと1本が出なかった。

 試合後、インタビューの場に立った上林監督は、開口一番こう言った。

「春の北海道の大会では支部予選で負けたチームが、よくやってくれました。桃枝もよく投げてくれた。勝たせてやれなかったのは僕の責任だと思っています」

 不祥事の翌年に入学した今年の3年生たちは「最弱世代」とも呼ばれていた。昨夏の甲子園でベンチ入りしたのは、18人のうちひとりだけ。中京学院大中京との試合で9回を完投し、2安打2打点の活躍を見せた桃枝も、昨年はスタンドから試合を見ていた。上林監督は次のように振り返る。

「去年、甲子園を経験したのはキャプテンの伊藤陸だけです。このチームがスタートした時点では、また甲子園に連れてきてもらえるなんて想像もしませんでした。

(中京学院大中京との初戦は)試合前から、『ビッグイニングを作られないように、3点以内で』と選手には話をしていたんですが、向こうの打線のほうが一枚も二枚も上でしたね。桃枝は本当に粘り強く投げてくれた。去年の秋、今年の春と比べても、別人のようなピッチャーになりました」

 わずか1年で頼れるエースとなった桃枝をはじめ、ほかの選手たちも大きく成長することができたのはなぜなのか。

「桃枝が成長した理由は、日常生活から1日1日を無駄にせず大切に過ごしたからだと思います。学年が上がるにつれて、精神的な部分が成長していきました。入学時にはこんな選手になると思っていませんでしたね。一番頑張った選手です。

 去年、甲子園に出た時に、『ここでは自立した人間じゃないと勝ちきれない』と感じました。だから、野球の練習だけでなく、アルバイトをはじめいろいろなことを経験させました。おかげで、幼かった部分がしっかりしたんじゃないかと思います」

 悲願の夏の甲子園初勝利が持ち越しになったことについては、「夏の甲子園で勝って、北照の歴史を変えたかったんですが……」としながらも、新チームの中心になる下級生たちの活躍にも目を細めた。

「チームに足りなかったのは、打力、”ここ一本”というところでの粘り強さでした。そういう部分を、1年生、2年生が見てくれたと思います。高校生の伸び率はすごいと感じましたし、大きな可能性があることを教えてくれました。9回表に2年生の山崎がツーベースを打ちましたが、普段はあんな打球を打つ選手じゃないんです(笑)。甲子園は、高校生の力を伸ばしてくれるすばらしいところですね」

 中京学院大中京との試合後には、約4万3000人の観衆から惜しみない拍手が送られた。

「これだけのお客さんの中で試合ができることは本当にすばらしい。選手たちには、『大観衆の中でプレーできたことを忘れないように』と言いました。今後のためにもしっかり覚えているようにと。甲子園で勝つためには、走攻守において、まだまだ力が足りないと感じました。ただ、野球が下手でも、一生懸命に野球をやれば甲子園で試合ができる。日常を丁寧に、物事を丁寧にこなしていくことで、高校生は大きく伸びるということがわかりました。

 そういう意味では、夏の甲子園で初勝利を飾ることはできませんでしたが、このチームは北照の歴史を変えてくれたんじゃないかと思います。頑張れば、みんなに拍手をもらえるチームになれる。負けたことは悔しいけど、ここまで連れてきてくれた選手たちには感謝しかありません」

 北海道に戻ってから、甲子園を経験した3人の2年生、ふたりの1年生を中心に新しいチームがスタートする。この日の悔しさを力に変え、夏の甲子園での初勝利を目指して。