8月7日に開幕した第98回全国高校野球選手権大会。長野代表の佐久長聖は開幕戦で徳島代表の鳴門に2-3で敗れた。1点を争う緊迫した展開のなかで、試合と同じくらい佐久長聖の応援に注目が集まった。

二回表の佐久長聖の攻撃。スタンドからはPL学園の応援曲『ウイニング』が響いた。さらに吹奏楽部は『ビクトリー』も演奏。

佐久長聖の藤原弘介監督は、かつて母校PL学園を率いて春・夏3度の甲子園に出場。2006年春には前田健太(現:ロサンゼルス・ドジャース)を擁してベスト4まで進んだ経歴の持ち主。PL学園野球部の休部という思わぬ事態に、「伝統を受け継ぎたい」と今夏の応援を準備してきた。


この粋な計らいに高校野球ファンからは、「佐久長聖のビクトリーに感動。もう一生聴けないと思ってた」「ウイニングとビクトリーは佐久長聖の応援曲に移り変わるのかな」「佐久長聖、PLの曲はウイニングとビクトリーを演ってくれたのかな」「佐久長聖の応援ビクトリーやん。やっぱええな」「ウイニングに続いてビクトリーまで。 藤原監督のもと、PLの応援を変なアレンジしないまま、佐久長聖ががっつり引き継いでいって欲しい」「甲子園でこの曲を聴けるなんて、涙が出る」「PL学園ビクトリーきたね。佐久長聖 H.I.G.H.T V.I.C.T.O.R.I」など多くの反応が寄せられていた。

2016年夏の阪神甲子園球場

2016年夏の阪神甲子園球場