6月13日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと中日の「日本生命セ・パ交流戦」第3回戦は、6対5でオリックスがサヨナラ勝利。抑えの増井浩俊投手が崩れるも、打線が9回裏に3得点を挙げ、劇的勝利を収めた。

 試合は白熱の投手戦となった。オリックス先発・荒西祐大投手、中日先発・山井大介投手が共に走者を背負いつつも要所を締める投球を見せ、6回まで静かな展開が続く。

 試合は白熱の投手戦となった。オリックスの先発はプロ初先発、ファームでは防御率1.88の好成績を残し、満を持して一軍登録を果たしたドラフト3位ルーキー・荒西祐大投手。対する中日の先発はベテラン・山井大介投手。共に走者を背負いつつも要所を締める投球を見せ、6回まで静かな展開が続く。

 オリックスの先発・荒西祐大投手は6回8安打無失点でマウンドを降りた。荒西投手は「初先発で多少の緊張はありましたが、初回から全力で腕を振っていこうと思っていました。先頭打者を意識しすぎて、コントロールが甘く入ってしまうことが多く、そこは反省しなければいけませんが、ストレートの調子自体は良かったですし、ランナーを出してからもなんとか粘って0で抑えることができて良かったです」と自身の投球を振り返った。

 試合が動いたのは終盤、7回表。オリックスの2番手・山崎福也投手が1死満塁のピンチを招くと、中日・高橋周平選手の遊ゴロの間に1点を先制されてしまう。さらに3番手・比嘉幹貴選手が福田永将選手に2点適時打を放たれ、0対3と突き放されてしまった。

 

 しかしオリックスはその裏、すぐさま反撃。先頭のロメロ選手が中日の先発・山井大介投手から今季第7号のソロ本塁打を放つ。代打・佐野皓大選手が右翼への二塁打で出塁すると、続く大城滉二選手が適時打。さらに代打・伏見寅威選手が右犠飛を放ち、一気に同点に追いついた。

 同点のまま最終回の攻撃へ向かいたいオリックスだったが、9回表、守護神・増井浩俊投手が2死1,2塁から中日・福田選手に2点適時2塁打を放たれ、3対5と勝ち越されてしまう。

 なんとか反撃したいオリックスは9回裏、先頭の大城滉二選手が中安打で出塁すると、伏見選手の内野安打などで1死満塁のチャンスを迎える。2番・西野真弘選手が押し出しの四球を選び、続く吉田正尚選手の二ゴロの間に再び同点に追いつくと、4番・ロメロ選手がサヨナラ適時打を放ち、試合終了。

 勝利したオリックスは2度勝ち越された直後にすぐさま追いつく執念を見せ、連敗を「3」で止めた。 文・粟盛優佳