不信感を募らせないためにこそ、第三者の客観的な目が大事なのではないか。

 6月6日にヤフオクドームで行われたソフトバンク対中日戦で起こったリクエストを巡る“誤審騒動”に、改めて現行のリクエストによるビデオ検証の問題点が浮き彫りとなった。

 問題のプレーは4対4の同点で迎えた8回の中日の攻撃だった。この回の4人目の打者となった大島洋平外野手が右翼ポール際のフェンスを直撃する飛球を放ち、跳ね返った打球が転々と内外野の中間あたりまで転がった。その間に大島は三塁を回って一気に本塁に突入。カバーに走った明石健志内野手がバックホームし、大島はヘッドスライディングでホームに滑り込むクロスプレーとなった。

 このクロスプレーに土山剛弘球審はアウトの判定を下したが、中日・与田剛監督がリクエストを要求。ビデオ判定の結果は、最初の判定通りにアウトという結論だった。

 ただ、リクエスト中に場内に流された4方向からの映像に対するスタンドの反応はちょっと違うものだった。センターとバックネット方向からの映像は、大島の左腕付近にタッチにいったソフトバンク・高谷裕亮捕手のミットが空を切り、大島の左手が先にホームプレートを触った後にミットが肩付近に触れているように見えるものだったからだ。

ビデオ検証に対する抗議は認められていない。

 場所はソフトバンクの本拠地のヤフオクドームである。ビデオ判定の結果、判定が覆らずアウトが宣告されると、場内はちょっとどよめきが上がる程度だったが、このどよめきが判定への疑問符だったことは明らかだ。

 そして中日ベンチからは一斉に不服を示すジェスチャーと抗議の声が湧き上がった。

 ビデオ検証に対する抗議は認められていないため、中日側は抗議することなく、大島の一打は“幻のランニングホーマー”として試合は再開。その裏に同じような本塁上のクロスプレーでソフトバンク・工藤公康監督のリクエストの結果、今度はアウトがセーフに覆るというオマケまでついて2点を勝ち越された中日は4対6でこの試合を失う事となったわけだ。

「(判定の)変更に値する確証を得られる映像がなかった」

 試合後の審判団の見解である。

審判自身がビデオで自分の判断を覆せるのか?

 アグリーメントでは、このようなケースには「ファーストジャッジを優先する」という規定があり、それに従った措置だったという説明だった。

 ただ、試合後に中日サイドで改めてビデオを確認した結果「一番、気になったのは、タッチのときにボールがミットになかったんじゃないかということ」(与田監督)と新たな疑問も生まれている。

 確かに高谷はボールを持った右手をミットに添えてタッチにいっているが、上体が伸びたタッチの瞬間には、その右手とミットが離れているように見える。

 中日サイドは意見書の提出をセ・リーグ統括に打診したが、リクエストの結果に対する意見書はもとより認められていない。結局、質問状という形でこの判定に関しての疑義をリーグ側に投げかけることにしたわけだが(これも最終的には不可とされた)、この騒動は改めてリクエスト制度におけるビデオ検証の問題点をクローズアップすることになったはずだ。

 その一番の問題とは、ジャッジをした審判員が自分たちで自分たちの誤りを判断することにある。

 要はジャッジをした審判団がビデオを観て、自分たちの判断が正しかったかどうかをチェックする。そこに第三者の目がないということだ。

ではMLBやサッカー界ではどうなのか?

 メジャーリーグ(MLB)では2014年から監督がアンパイアの判定に対してビデオ判定を要求できる「チャレンジ制度」が導入されている。

 テレビ中継でもお馴染みだが、チャレンジを受けたアンパイアは、自分で映像を検証するのではなく、ベンチ横でインターカムをつけてビデオ判定の結果を待つだけだ。

 ニューヨークの専用スタジオが全球場の映像を一括管理し、実際にビデオを検証して判定を下すのは、そこに待機する8人の分析担当審判員である。

 昨年のワールドカップで話題になったサッカーの「ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)」でも、主審からの要求によってピッチ外のオペレーション・ルームにいるビデオ・アシスタント・レフェリーがビデオを検証し、その判断に基づいて主審が最終判定を下す仕組みとなっている

ビデオ判定先進国では第三者の目を重視。

 MLBやサッカーワールドカップにおいては、いずれのケースでもビデオの検証(誤審があったかどうか)には直接、ジャッジを下した審判は関わらないシステムが採用されているのである。

 要は、ビデオ判定にはグラウンド外の第三者の視点を入れることで判断の公平性を担保とすることが通例となっている、ということなのだ。

 ところがNPBのリクエスト制度では、判定の当事者となる審判は除かれるが、その他のグラウンドにいたアンパイアと控え審判達がビデオの検証を行う。

 控えのアンパイアを含めた全員が同じクルーで“第三者”とは言い難く、当事者が当事者の判定を検証するという不自然な形でビデオ検証が進んでいるわけである。

まだまだ改善の余地が多いはず。

 MLBのように大規模なオぺレーションセンターを設けられるほど、NPBに財源がないことは分かっている。ただ、それほど大掛かりではなくとも、同じように1カ所で第三者の専属スタッフによるビデオの検証ができないわけではないとも思う。

 例えばインターネットで各球場の中継画像をNPBにつないで、そこにビデオ検証を担当するスタッフを配置する。そうして現場から要請があったら、そのスタッフがビデオを見て判定を下すという方法だ。

 これならNPBの事務所内に6つのモニターと現場をつなぐ回線を設置すれば解決できるし、費用もそれほどかからないだろう。

 そもそも検証用の映像自体が試合を中継するテレビ局頼りという点にも問題はある。

 各球場で検証用の映像提供ができている現実を考えれば、NPBがきちっと頭を下げて依頼をすれば、第三者による客観的な検証ができる体制を整えることは可能なはずだ。

システムを支えるのは最終的には人である。

 ビデオ判定の導入は、確かに大きな誤審を防ぐという点で効力を発揮している。

 リクエスト制度が導入された昨シーズンのリクエスト総回数はセ・リーグ251回、パ・リーグ243回の合わせて494回。そのうちビデオ検証でファーストジャッジが覆ったケースが162回でリクエストの成功率は32.8%だった。それだけ“誤審”が防がれたということになるのだが、果たしてこの数字が多いのか少ないのか。

 2017年のMLBでは、1172回のチャレンジがあり成功は589回で成功率は50.2%とかなり高い数字だった。

 この違いが日本のアンパイアの優秀性を示すのか、それともビデオ判定のシステムの問題なのかは分からない。

 ただリクエスト制度によるビデオ検証をするのは人である。

 システムの運用にどれだけ客観性を担保し、第三者の目を入れるかは、制度を支える根幹の問題のはずだ。金銭的負担を惜しまずに、システムを確固たるものにすることが、最終的には日本のプロ野球の信頼を維持することにつながっていくのではないだろうか。

(「プロ野球亭日乗」鷲田康 = 文)