今季4カード目となった明大戦、相手の先発はプロ注目右腕の森下。1回表は森下の前に三者三振に倒れる。

東大の先発を任されたのは今季ここまで全試合に登板している坂口(4年/日比谷)であった。1回裏、坂口は内野安打を1本許すも、危なげなく無失点で切り抜ける。2回表、1死から武隈(3年/鶴丸)、笠原(3年/湘南)の連打でチャンスをつくり、二死満塁まで攻め立てるも、坂口が倒れ先制ならず。続く3回表も梅山(3年/四日市)の二塁打から無死一三塁という絶好機を迎えるが、クリーンアップが凡退しまたも得点ならず。

坂口は3回にも一本ヒットを浴びるも、低めの変化球が冴え4回以降は相手打線を無安打に抑える好投。打線も4回以降ランナーを出すことができず坂口と森下の投げ合いが続く。両軍無得点で迎えた9回表、東大は3回以来の連打で一死一二塁のチャンスを迎えるが、ここは森下が踏ん張り無得点、その裏、明大も2死二塁とするが得点には結びつかず試合は延長へ突入する。

坂口は延長でも続投し、10回裏も2者を簡単に打ち取る。ここで打順は5順目にまわり1番丸山を迎える。初球を打つと打球はレフトの頭上を越え長打に。二死二塁とサヨナラのピンチを迎える。ここで打席に立つのはこの日ここまで2安打の添田。外角の球を払うようにして放った打球は、無情にもレフト線に落ち、サヨナラ負けを喫した。

坂口はリーグ戦初先発で9回まで無失点と堂々たる投球を見せたが、打線が援護することができなかった。