法政大学 4 - 7 慶應義塾大学
勝:増居 敗:三浦
本塁打:法大・毛利1号(2回)、安本3号(3回)/慶大・正木 1号(5回)、柳町1号(6回)

法大が序盤に4点のリードを作るも、慶大が本塁打攻勢で鮮やかな逆転勝ちで勝ち点を獲得した。

法大・高田孝(③平塚学園)と慶大・髙橋佑(④川越東)が先発。両者とも初回に一人ずつランナーを出すも、危なげない立ち上がりとなる。

先制は法大。2回表、今季はバッティングでなかなか結果が出なかった7番・毛利(④愛工大名電)がレフトスタンドにソロホームランを放つ。

続く3回表にも法大は1死2・3塁の好機を作る。今カードで2試合連続ホームランを放ち、今日は3番に入った安本(④静岡)が力強いスイングで3ランホームラン。3試合連続本塁打でリードを広げる。安本は対慶大戦で7打点を叩き出し、早くも今季通算9打点に伸ばす。

このまま法大に逃げ切りを許すわけにはいかない慶大も反撃を開始する。3回裏無死1・3塁の好機を作り、2番・渡部遼(②桐光学園)がライト前にタイムリーヒットを放つ。その後1死満塁までチャンスを広げるも後続続かず、この回の反撃は1点どまり。

慶大は5回から1年生・増居(彦根東)が登板。2死から安本に二塁打を許すものの、力強いピッチングで続く伊藤(④中京大中京)を三振に抑え、反撃の機会をうかがう。その裏一死2・3塁で4番・郡司(④仙台育英)が犠飛で一点を返す。直後の正木(②慶應)がバックスクリーンに飛び込むリーグ戦初本塁打が値千金の同点弾となる。

同点に追いつかれた法大は、6回裏からエース・三浦(②福岡大大濠)が3試合連続でマウンドに上がる。慶大打線は単打で1死1・3塁と攻め立て、柳町(④慶應)が、今日3本目・通算95本目の安打は、打った瞬間それとわかる勝ち越しの3ランホームランを放つ。

追いかける展開となった法大は、7回から登板した慶大・髙橋亮(④慶應湘南藤沢)、佐藤(③大館鳳鳴)にわずか1安打に抑えられ、追撃ならず。ホームランでリードし、ホームランで泣いた試合となった。

慶大は今カードでも勝ち点を獲得し、勝ち点を2と伸ばした。そして1年生・増居がリーグ戦3試合目の登板で嬉しい初勝利となった。