国士舘と言えば、柔道――。

 それはもはや、学校としてのアイデンティティーになっている。系列の中学、高校、大学を通じて男子柔道部は全国屈指の名門。国士舘高出身の主なOBに斉藤仁、鈴木桂治、石井慧らの金メダリストがいる。

 柔道・剣道の武道が強いイメージがある国士舘高だが、今春は野球部も10年ぶりにセンバツに出場した。昨秋の東京都大会では、圧倒的不利の下馬評を覆(くつがえ)して優勝候補の東海大菅生を破って優勝。久々の甲子園出場に周囲の期待は高まった。



センバツには間に合った黒沢孟朗だが、明石商業戦は無安打に終わった

 ところが、朗報に沸くチームに暗い影を落としたのは、皮肉にも「柔道」が絡んでいた。1月12日、国士舘高の伝統行事である「武道大会」の日に、主砲とエースが骨折の痛手を負ってしまったのだ。

 武道大会が始まる直前の寒稽古で、1年生(当時)ながら4番打者を務める黒澤孟朗(たろう)が大外刈りを仕掛けるも不発に終わり、返す刀で技を掛けられた。投げられまいと踏ん張ったとき、黒澤は左足首が変な形でねじれたことを感じた。

「最初はショックで、『終わったな……』と思いました」

 救急車で運ばれた黒澤の姿を目の前で見て、山崎晟弥(せいや)は「気をつけよう」と気を引き締めた。山崎は秋の公式戦8試合に投げ、防御率0.77と安定した投球を見せたリリーフエースである。先発右腕の白須仁久(しらす・のりひさ)とともに、チームの浮沈を握る大黒柱だ。

 ところが、武道大会で山崎が相手の襟をつかみ、引っ張ろうとしたとき、右手の薬指が襟に引っかかってしまった。その瞬間、山崎は「ポキッ」という音を聞いたという。

「相手に投げられたとかではなくて、ただ引っ張っただけなんですけど……」

 山崎の薬指には、らせん状に3本の亀裂が走っていた。ギプスで固定して治療すれば、十分にセンバツには間に合う軽傷だった。症状が深刻だったのは黒澤である。左足首の脱臼骨折、靭帯損傷。センバツは絶望的と見られた。

 黒澤という選手は、独特な感性を持った打者である。まず、フォームからして変わっている。身長167センチ、体重70キロの小さな体をさらに縮ませるようにヒザを深く折り曲げ、右足を左足のすぐ横に寄せて剣道の「蹲踞(そんきょ)」のような体勢を作ってから強く前に踏み込んでいく。

「中学2年の時に、森友哉さん(西武)のように身長がなくても飛ばせるようになりたいと思って、重心を低くするところから始めました」

 チームメイトが黒澤の打撃論を聞こうとしても、核心部分に触れようとすると途端に教えてくれなくなるという。黒澤は「バッティングの話はしますけど、『これだけは……』という自分だけのものがあるので」と言う。さわりの部分だけを聞かせてもらうと、やはり独特な感性の持ち主ということが伝わってきた。

「バットの軌道のイメージは、陸上競技場のトラックみたいな感じなんです。カーブで振り出して、直線部分のどこかでボールをとらえて、長くバットに吸いつかせて飛ばすような形です」

 体は小さくても、一本芯の通った職人気質。それが黒澤という打者なのだ。

 当初は重傷に絶望した黒澤だが、すぐに気持ちを切り替えて治療に励むことにした。「固定してしまうと筋肉が固まって、可動域を広げるのに時間がかかるから」と、ギプスをつけずに回復を待った。本来なら推奨されない治療法だが、黒澤はこの方法にわずかな望みを賭けた。

 厳しいリハビリをこなし、椅子に座った状態でティーバッティングを再開。2月の終わりには松葉杖を外して立てるようになり、3月8日にはチームに合流した。

「自分のケガの治療に関与してくれた先生や、すべての方々に感謝したいです」

 黒澤はすぐさま実戦に復帰したが、完治したとは言えない状態だった。首脳陣も黒澤に無理をさせず、まずは代打として起用した。箕野豪コーチは「代打として甲子園で1打席でも立てたら……と思っていました」と打ち明ける。

 ところが、練習試合解禁後の沖縄遠征では6試合で6打数3安打と活躍。ヒットを打つたびに代走が出されたが、黒澤は「影響はとくに感じなかった」と言う。

「もともと踏み込む右足に負担がくる打ち方で、後ろ足の左足はむしろ『抜く』くらいの感覚なので、左足を痛めたのは不幸中の幸いでした。久しぶりの実戦でボールの見え方が違うとか、とくに感じませんでした。強いて言えば、ベースランニングで回るときにちょっと危ないかな、と思う程度ですね」

 沖縄遠征後はフル出場することはないものの、先発メンバーとして徐々に慣らしていった。そして3月27日、明石商(兵庫)とのセンバツ初戦では「4番・ファースト」として起用された。

 ライトへ強烈な当たりを放ったシーンもあったが、結果は3打数0安打1四球。7回裏に先発投手の白須が降板してファーストの守備位置に入ったタイミングで、黒澤はベンチに下がった。チームも優勝候補に挙げられる強豪相手に粘ったものの、終盤に突き放され1対7で完敗。黒澤は試合後、「自分の実力のなさで結果が出せませんでした」と唇を噛んだ。

 一方、右手薬指を骨折した山崎は、登板機会がないままゲームセットのコールを聞いた。薬指の骨折はすでに完治していたが、実は昨秋時点で痛めていた右ヒジ痛が治りきらなかったのだ。

「昨日は全然速いボールを投げられなかったんですけど、今日はブルペンでボールも走っていました。ケガをした自分が悪いのですが、悔しいです。投げたかったです」

 山崎が登板できなかった直接的な原因ではなかったにせよ、柔道で2人の主力が負傷したことを批判的にとらえる向きもあるだろう。ある首脳陣は「武道大会はクラス代表の3~4名が出るのだから、山崎は出るべきではなかった」とも話した。一方で、同校OBでもある箕野コーチはこう語っていた。

「寒稽古も武道大会も大事な学校行事ですからね。まったく参加しないわけにはいきません。武道は柔道と剣道の選択制なんですけど、僕が在学中は『野球部はケガの少ない剣道を選ぶように』と言われていました。今はとくにそうした指導はしていないのですが、今後は考えていかないといけないと思っています。ここまで大きなケガ人が出たことは聞いたことがありませんでした」

 夏の大会前に体育の授業でケガを負い、最後の夏に出場できなかった……というようなエピソードは、毎年どこかで聞くものだ。もちろん、野球部員は野球だけをやっていればいいというものではない。学校生活と部活動の狭間(はざま)で、高校球児は自分自身を管理しなければならない。国士舘の事例は決して「対岸の火事」ではない。