下北沢成徳のキャプテンを務める石川真佑

 全日本バレーボール高等学校選手権大会が、1月5日に武蔵野の森総合スポーツプラザで開幕する。栗原恵と大山加奈の”メグカナ”、木村沙織、柳田将洋、石川祐希など、多くのスターを生み出してきた「春高バレー」。71回目となる今大会も全日本の未来を担う新星が現れるのか。出場する男女の注目選手を見ていこう。

 まず女子で最大の目玉となるのは、下北沢成徳高等学校(東京)の3年生エース、石川真佑(174cm・アウトサイドヒッター)だ。全日本男子のエース・石川祐希の妹で、兄ゆずりのキレのあるスパイクと、端正なルックスも相まって1年生の時から注目を集めてきた。
 キャプテンとして迎えた今年度は、インターハイ、国体を制し、春高バレーで

「3冠」を目指す。連覇を狙った前回はベスト4にとどまっただけに、「春高は3年間の集大成。キャプテンとしてチームを引っ張りたい」と意気込む。スランプに陥った時には、イタリア・セリエAでプレーする兄からラインで長文のアドバイスをもらうことも。兄の支えも力にして成長した石川は、高校最後の春を笑顔で終えられるのか。

 ライバルは、前回女王の金蘭会高校(大阪)、準優勝校の東九州龍谷高校(大分)になるだろう。金蘭会へのリベンジを誓う東九州龍谷は、現在の全日本女子のキャプテン・岩坂名奈や、”打ち屋”の長岡望悠らを輩出した九州の名門。今年も184㎝の2年生、荒木彩花(ミドルブロッカー)という逸材を擁している。

 ミドルブロッカーの層の薄さが課題のひとつに挙げられる全日本女子にとっても、荒木は「動ける長身選手」として期待されている。「ブロックでは誰にも負けない」と語る荒木は、今季は全日本ジュニアに選出されてアジア選手権を優勝。国際大会を経験して逞しさを増した大黒柱が、「3年生のためにベストを尽くします」と闘志を燃やす。

 もうひとり、2年生の注目株が、秋田北高校(秋田)の野中瑠衣(177cm・アウトサイドヒッター)だ。小学校低学年の頃はバスケットボールに打ち込んでいたが、バレーに出会ってからその面白さに引き込まれ、才能を開花させた。

 同級生である東九州龍谷の荒木、金蘭会の宮部愛芽世(あめぜ)とは全日本ユースの合宿で交流があり、中学3年時には3人揃ってJOCのオリンピック有望選手に選ばれている。昨年の春高の決勝で、荒木と宮部が戦う姿を見て「自分もあの舞台に立ちたい」と奮闘。2年生エースとして秋田県予選を戦い、チームを4年ぶりの春高出場へと導いた。”秋田美人”な選手として注目されているが、春高バレーではプレーでもファンを驚かせてほしい。

 指揮官という点では、かつての全日本女子監督・葛和伸元氏が率いる日本航空高校(山梨)も見逃せない。

 バレーファンにとって「最大集中や!」のフレーズでおなじみの葛和監督は、2000年シドニー五輪出場を逃した責任を取って全日本監督を辞任。その後はVリーグ女子のチームを率いていたが、2014年から監督を務めていた仙台ベルフィーユが昨夏に財政難で解散したことを受け、日本航空の監督に招聘された。全日本監督時代は指導法が批判されることがあったものの、日本航空を4年ぶりに春高バレーに導いて健在ぶりを示した。17年連続で出場を決めた男子バレー部とともに、悲願の全国制覇を目指す。

 一方、男子のナンバーワン注目選手は、東北高校(宮城)3年の佐藤駿一郎(204cm・ミドルブロッカー、オポジット)だ。今年度のシニア全日本代表に選ばれ、昨年8月に行なわれたアジア大会にも出場した。最高到達点345cmは石川祐希と同じ。全日本男子の中垣内祐一監督も「シニアでも動きや態度に違和感がない。彼は大事に育てないといけない」と太鼓判を押す。

 全日本での活動があってインターハイに出場できなかったため、「チームに帰ってきてから自分の居場所を見つけるのが大変だった」と振り返ったが、「その間にブロックの手の出し方などの練習に打ち込むことができました。高校最後で春高に出場できるのはうれしい。少しでも勝利に貢献したいです」と謙虚に語る佐藤。6年ぶりの大舞台に臨むチームで大爆発が期待される。

 また、サッカーやラグビーなど”スポーツ強豪校”として知られる東福岡高校(福岡)は、1年生エースの柳北悠李(192cm・アウトサイドヒッター)がチームの主軸を担う。

 昨夏のインターハイは柳北の調子が上がらなかったこともあって、準々決勝で敗退。藤元聡一監督は、「高さ、パワーは全高校の1年生の中でもトップクラスですが、メンタル面では甘さがある。春高ではひと皮もふた皮もむけてくれるでしょう」と、さらなる奮起を期待している。昨年12月の天皇杯では、昨季のVリーグ準優勝チームである豊田合成トレフェルサに3-0で敗れるもいい戦いを演じた。「先輩方を日本一にしたい」と力強く語る柳北は、春高バレーの頂点を見据えている。

 東京五輪を翌年に控えた今大会を、”全日本の新戦力発掘”という視点で見るバレー関係者も多いだろう。春高バレーから五輪メンバーを勝ち取るような選手の台頭を期待したい。