12月30日に大田区総合体育館で行われたWBC世界バンタム級暫定王座決定戦。同級2位のペッチ・CPフレッシュマート(タイ)と、同級5位の井上拓真(大橋)による一戦は、判定勝ちで井上拓真選手が念願の世界王者に輝いた。

井上尚弥、井上拓真の兄弟と同じ大橋ボクシングジムに所属し、世界三階級制覇、現在四階級目の制覇を目指している八重樫東。この日は、テレビの解説でリングサイドから同門後輩の一戦を観戦。

試合終了後、大橋陣営の控室にスーツ姿で現れると「良かったねぇ~」と井上拓真をねぎらった。

そんな八重樫東に、この日の一戦について、また井上拓真と言うボクサーの魅力について聞いた。

 

・合わせて読みたい→
【特集】地球上で最強のアスリート 井上尚弥(http://cocokara-next.com/feature_archive/naoyainoue-feature/)

 

 この日の一戦について聞くと「ベルトを獲れた事が全て。内容についてはまだまだ課題はあるけど、今日の一番の収穫はとにかくベルト。その目的は果たせた」と同僚の世界タイトル獲得を評価。

 凄まじい世界最強の男、井上尚弥を兄に持つ井上拓真。常に兄と比較されてきた。

 兄・井上尚弥も「兄弟なんでみんなから同じように見られがちだけど、ボクシングのスタイルとか色が違うんで」と語るように、八重樫もそれを強調する。

「拓真は兄・尚弥と違って、拓真の色がある。同じようにならなくて良いと思うんで、自分の色があるチャンピオンになってほしい。井上拓真にしかないボクシングをして行って欲しい」

「兄の後ろを追いかけていくのも大事だけど、(世界王者と言う)同じ立ち位置にたったので、自分で自分の道を歩いて行って欲しい」

と、今後への課題にも言及。

 「拓真は器用な選手。兄の光が強すぎるので、技術的な面で行くとたくさん課題があるけど、自分の持っている味、拓真にしか出せない、尚弥には出せない味を出して行って欲しい。お兄ちゃんとは違うとこを見せて欲しい。いつまでも尚弥の二番煎じで行くのは違うと思う。自分の長所を考えて、そこを追求して行って欲しい」

技術的な部分を問うと、「総合的に強い、素晴らしい選手なんだけど、まだまだ各能力をグラフで表現するとしたら、突出したモノがなく、小さくまとまっている」と今後への課題を挙げた上で、かわいい後輩への期待をこう語った。

「『井上拓真のボクシングが見たい』とお客さんに思わせるようなボクシングを意識して行って欲しいですね」

大橋ジムに新たな世界王者が誕生した夜だった。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]