東京大学 0 - 8 法政大学
勝:三浦 敗:小林大
本塁打:なし

法大が8得点12安打の猛攻で先勝した。

法大は初回から得点を奪い、主導権を握る。2死2塁から4番・中山(④履正社)が三遊間を破る適時打を放ち1点を先制する。3回に2点の追加点を挙げると、4回にもドラフト候補の3、4番コンビ・向山、中山の連続適時打でさらに2点を追加した。その後も加点しリードを広げ、勝利を確実なものとした。

投げては1年生投手の三浦(①福岡大大濠)が初回に満塁のピンチを迎えるも、無失点に切り抜ける。2回以降は危なげない投球で、東大打線を被安打7、10奪三振、無失点でリーグ戦初完封勝利を挙げた。

東大は守備で好プレーを多くみせたが、打線の繋がりを欠き計7安打を記録するも無得点。初回に作った、満塁の好機を生かしたかった。また、笠原(②湘南)が2安打を放ち一人気を吐いた。

優勝へ向けて1敗もできない法大は明日勝利し、勝ち点1を獲得したい。東大は、今年の春秋通じての初勝利を目指して戦う。