天王山初戦を白星で飾り、3連覇へグッと近づいた慶大。しかし12季ぶりVを狙う法大は、そう簡単には勝ち点を譲ってくれないようだ。試合は、初回にバッテリーミスにつけ込み慶大が1点を先制したが、先発の森田晃介(商1・慶應)が3回までに4点を失い試合を作ることができず。代わった投手陣も強力法大打線に打ち込まれ計8失点。打線は何度も好機を演出するも、あと一本が出ずわずか2得点に抑え込まれる。完敗を喫し、勝負は3回戦へと持ち越された。
2安打1打点の渡部

神宮球場はこの日も雲一つない快晴。平日にも関わらず慶大側応援席には、天王山に挑む慶大ナインを後押しするべく、多くの観客が詰めかけた。スコアボードには、東大2回戦で初勝利を挙げたルーキー右腕・森田晃の名前が表示された。ルーキーを早いうちから援護したい打線は初回、好調の中村健人(環3・中京大中京)がセンター前に安打を放ちチャンスメイクすると、四球とワイルドピッチの間に1死満塁とする。ここで打席には副将の内田蓮(総4・三重)。相手先発の放った4球目が再びワイルドピッチとなり幸先良く先制に成功した。しかし、なおも続いたチャンスで内田、嶋田翔(環2・樹徳)が連続三振に倒れ、リードは1点にとどまった。一方、先発マウンドに上がった森田晃は、初回から強力法大打線を前に苦戦を強いられる。先頭打者にいきなりライトスタンドに運ばれ同点とされると、安打、死球、四球で満塁のピンチを招く。しかしここは打ち急いだ打者を三球三振に切って取り、何とか窮地を切り抜けた。

2回には、小原和樹(環3・盛岡三)が一、二塁間を抜ける安打で出塁するも、後続が連続でバントを失敗し走者を二塁に進めることすらできず。3回にも、渡部遼人(環1・桐光学園)の安打から連続四球で再び満塁のチャンスを作るも、後続が内野フライに倒れ無得点。好機を作りながらもなかなか得点につなげることができない展開が続く。するとその裏の守りで、森田晃がついに法大打線に捕まる。1死一、二塁のピンチからセンター前の安打で勝ち越しを許すと、続く打者の5球目を完璧に捉えられ打球はレフトスタンドへ。一気に3点を失い、ここで森田晃は無念の降板となった。代わってマウンドに上がったのは、150㌔右腕の木澤尚文(商2・慶應)。先頭打者をセカンドゴロに打ち取るも、続く打者に甘く入った球をライトスタンドへ運ばれさらに1点を追加されてしまう。

ここまであと一本が出ない打線は4回、またしてもチャンスを演出する。小原がこの日2本目の安打で出塁すると、木澤が四球を選び1死一、二塁とする。続く中村はライトフライに打ち取られたが、その間に二塁走者の小原は三塁へ。ここで渡部がライト前へ安打を放ち点差を3点に縮める。なおも一、二塁のチャンスで、柳町達(商3・慶應)が完璧に捉えた打球は不運にもレフト正面に飛び追加点とはならなかった。裏の守備をしのいで何とか反撃の狼煙を上げたいところだったが、ここで踏ん張れないのが今日の慶大。1死一、二塁のピンチを招くと連続適時打で2点を追加されてしまう。

今季初出場でヒットを放った大平

5回は互いに無得点に終わり、6回からは津留崎大成(商3・慶應)が登板した。四球で走者を出したものの、後続をダブルプレーに打ち取りこの回を打者3人で終わらせる。しかし、7回に味方のエラーも絡み1点を追加されると、8回には1死一、二塁のピンチを招きここで交代が告げられた。このピンチでマウンドに上がったのは、リーグ戦初登板となった前田和真(商4・津西)。左のサイドスローから繰り出される角度のあるボールで、1人目の打者をショートゴロに打ち取ると、次の打者のバットをへし折りファーストゴロに仕留める完璧な火消しを見せた。一方の打線は、5回からマウンドに上がった菅野の前に、中盤以降完全に沈黙していた。9回には代打で出場した大平亮(環4・鎌倉学園)がライト前へ運び4年の意地を見せるが、後続は打ち取られ無得点。2-8で完敗を喫し、勝負は明日の3回戦へと持ち込まれた。

少しでも気を抜けば一気に点差を離される。嫌というほど法大打線の恐ろしさを味わった試合となった。この日は投手陣の崩壊だけでなく、打線も再三のチャンスをふいにし、これまでの慶大とはまるで別のチームを観ているようだった。とはいえ、どんなに強いチームだろうと、今日のような最悪な試合を味わうことはある。明日は気持ちを切り替えて天王山に臨んで欲しい。

◆Topics  「諦めない」の体現者・左キラー前田和真ついに初登板

苦しい試合展開で4年の意地を見せた

4年秋、ラストシーズンにして前田は初めてリーグ戦のマウンドに立った。強力な左打者が揃う法大相手だったが、「緊張はしなかった」とバッター2人を内野ゴロに打ち取ってみせた。大学入学後からサイドスローに転向した前田。2年次には新人戦で神宮のマウンドに上がったが、結果を残すことは出来ず。今春のオープン戦ではワンポイントとして起用されることもあったが、リーグ戦で出番はなく、試合に出場する選手のために裏方として活動することもあった。それでも「前を向いて」努力を続け、ついに今日、完璧な投球で期待に応えてみせた。

慶大の左のサイドスローといえば昨年の川端康司(H30政卒)を思い出す人もいるだろう。川端もまた、試行錯誤の末に4年の秋に初登板を果たして花を咲かせた一人だ。川端渾身の投球は崖っぷちから6連勝で優勝を飾った昨秋の「諦めない野球」をまさに体現した存在だった。

「出られない人たちのために投げきらないと」と話した前田。試合に出場する選手だけではない、たくさんの人の後押しがあって慶大野球部は成り立っている。応援する人がいる限り、彼らは絶対にあきらめない。