2018年アジア大会・フェンシング女子フルーレ団体で金メダルを獲得した宮脇花綸に独占インタビューを敢行。4回に分けてお送りする。

「捨て身といえば捨て身な技」

宮脇花綸が勝負所で使う必殺技、それがフレッシュ!新鮮という意味ではなく、れっきとしたフェンシングの技である。宮脇が「究極」と称する技をスポーツアンカーの田中大貴が身をもって体験。そのスピードに思わず声をあげた。そして宮脇のフェンシングとの出会いにも驚きがあった。家の近くに「ある道場」がなかったことが大きなきっかけとなっていた。

宮脇花綸(みやわき・かりん)5歳からフェンシングを始める。小学4年時に同世代の部門で全国優勝。2016年にジュニアのW杯で優勝すると、2018年5月、シニアのグランプリ大会で準優勝し、日本ランキング1位に到達。2018年8月のアジア大会では日本史上初となる女子フルーレ団体の金メダル獲得に貢献した。高い洞察力と巧みな剣さばきが武器の頭脳派フェンサー。

アプリのダウンロードはこちら