平日はサラリーマン、そして週末はアスリートという、二刀流の人生を歩む社会人アスリートの方々へのインタビュー企画です。仕事もスポーツも本気で取り組む社会人アスリートの方々にフォーカスします。

あなたのプロフィールを教えてください。

名前:冨澤勇介
身長、体重:172cm 68kg
職業:タイ古式マッサージサロン店長
競技名:サッカー
所属チーム名:鎌倉インターナショナルFC MF、FW

サラリーマンとアスリートの両立という過酷な日々を続ける理由を教えてください。また、競技の好きなところも教えてください。

「日本にインターナショナルなクラブを作る!」と《鎌倉インテル》のオーナーからクラブのコンセプトを聞き、プレーヤーとして参加。20代前半がメインの仲間の中でポジションを獲るために、午前中ジムに通い試合で動ける身体作り、夕方から深夜までマッサージサロンでの勤務がルーティーン。サッカーにおけるチーム作りは職場のチーム作りで共通する部分が多く、仲間と一緒に努力を続けた人だけが味わえる達成感、喜びを分かち合えることが好きで続けています。特に鎌倉インテルはクラブ創設わずか半年ですが、本当に多くの方々のサポートのお陰でリーグ戦を2部昇格に向けて戦っています。

いつまで現役を続けますか?
目指せ、king KAZU‼︎まだまだこれからです。

<一問一答>

生まれ変わったら何になりたいですか?
永遠の20代

あなたのヒーローは誰ですか?
パラグアイのプロサッカーチーム、オリンピアの当時のキャプテン。

2002年トヨタカップ(現FIFAクラブワールドカップ)に南米代表のオリンピア(パラグアイ)が来日。1999年に自身がオリンピアU20チームに在籍していた時の縁で、チームの厚意で選手バスで一緒に移動、ピッチレベルで練習を見学をさせてもらいました。南米特有のその距離感の近さに対して、あまり良く思わない《日本人のオトナ》から私はお叱りを受け、今で言えばパワハラ的な扱いを受けそうな場面がありました。そんな、日本では良くある上下関係の光景を察して、そのキャプテンは私をそのオトナから引き離して、

「遠慮してはいけない!自分を守らなければダメだ!」

言葉があまり分からなくて、意思疎通が難しい自分に対しても、涙目で一生懸命、熱く語りかけてくれたそのキャプテンは、今でも私のヒーローです。

あなたのカッコいいところを教えてください

年齢を気にしないところ。自分の得点よりチームの得点を優先

あなたのかっこ悪いところを教えてください
忘れっぽい、石橋を叩いて壊す

宝物はなんですか?
「ボールは友達」6歳から始め今でも続けているサッカーの魅力を教えてくれたコーチ、チームメート、海外の友達。今までにないインターナショナルなクラブ、Jリーグを目指す鎌倉インテルFCとの出会い。

好きなお花はなんですか?
花よりも観葉植物

座右の銘は?
one for all, all for one.

最近ブルッたことはなんですか?
初めて行った東北。地方の商店街で道を尋ねた相手が、たまたま出張で来ていた地元の先輩ジローくん‼︎

この記事を読んでいるユーザーへのメッセージをください
鎌倉発、日本初‼︎《日本にインターナショナルなクラブを作る》という、魅力的なコンセプトを掲げている鎌倉インテルFC。サッカー関係者だけでなく、グローバルなチャレンジを目指している人に是非HP観てもらいたい。入場無料なので是非、試合会場に足を運んでみてください!
鎌倉インテルFCのWEBサイトはこちら