2006年、早稲田実業で夏の甲子園を制した北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹に独占インタビューを敢行。4回に分けてお送りする。

「甲子園の期間だけで成長できた」

12年前、夏の甲子園決勝再試合で投げていた投球フォームこそが「究極の野球選手としての技術」だと分析した斎藤佑樹。プロとなったいま、肩のケガに苦しむ斎藤が目指す理想のフォームとはどんなものなのか、スポーツアンカーの田中大貴がその姿勢に迫る。

斎藤佑樹(さいとう・ゆうき):2006年、「ハンカチ王子」の愛称で日本中に大フィーバーを巻き起こす。夏の甲子園決勝では田中将大投手擁する駒大苫小牧との引き分け再試合を制し全国制覇を成し遂げる。1大会で投げた69イニング・948球は今も最多記録として残る。進学した早稲田大学では東京六大学野球で通算31勝をあげ、ドラフト1位で北海道日本ハムファイターズに入団。

アプリのダウンロードはこちら