【写真提供:共同通信社】

 

 ファン投票で選出された全23選手中、最多の出場経験を誇るのが坂本勇人(読売巨人)だ。3年連続10度目(ファン投票では3年連続7度目)の球宴舞台となる。
「今年もたくさん投票していただきありがとうございます」と選出に感謝するとともに「ファンの方に『坂本を選んで良かった』と喜んでもらえるように頑張ります。多くの方々に少しでも元気を与えられるようなプレーを見せたいと思います」と宣言した坂本。29歳となって迎えたプロ12年目の今季は、開幕から攻守で躍動。3番から1番に打順を変えた中で、持ち前の思い切りの良さと勝負強さに加えて抜群の安定感でヒットを量産。4月を打率.369で終えて自身初の月間MVPを受賞すると、5月も月間打率.326と好調をキープ。高レベルな首位打者争いを繰り広げており、球宴舞台でもその磨き上げたバッティングを披露してくれるはずだ。
 さらに攻撃面だけでなく、自らがこだわり続けた守備も円熟の域に差し掛かっており、今季も広い守備範囲と華麗なグラブさばきで幾度となくファンを魅了。セ・リーグの内野の要としてハツラツとしたプレーを見せてくれるはず。そして狙うは自身初の球宴MVP。節目の10年目でスターたる所以を見せてもらいたい。