硬式野球部(東京六大学野球)は5月26日、立教大学との1回戦を戦い、1-7で敗れた。東大は先発の小林大雅投手(経・3年)が初回から2点を失う。四回に3連打で1点を返すが、直後の五回に小林投手と続く宮本直輝投手(育・3年)が計3失点を喫して突き放され、その後は反撃できないまま試合終了を迎えた。この試合の前、明治大学が法政大学に敗れたことで、慶應義塾大学の2季連続優勝が決定した。開幕から9戦全敗の東大は、明日27日午前10時半から負ければ今季最終戦となる立大との2回戦に臨む。

東大|000100001|2
法大|00102142X|10

続きを読む(外部サイトへ)