早稲田大学 5 - 1 法政大学
勝:小島 敗:菅野
本塁打:早稲田・岸本 1号(4回)/法政・向山 2号(9回)

序盤に得点を挙げた早大が逃げ切り5対1で勝利。

打線は1回、好調の4番・加藤(③早稲田実)の適時打で1点を先制し、4回には岸本(④関大北陽)の本塁打で更に1点を追加しリードを広げる。そして8回には2アウトから満塁とすると小太刀(④日本天理)が走者一掃の適時二塁打。さらにリードを広げて流れを引き寄せた。

投げては先発・小島(④浦和学院)が8回まで被安打3、無失点の好投。最終回に1点を失うものの、後続を断ち自身3度目の完投勝利。

負けた法政は先発・菅野(④小高工)は8回を投げ11三振を奪う勝利への執念を見せるも、終盤の失点が響いた。打線は9回に主将・向山(④法政二)の本塁打で1点を挙げ反撃を追い上げを見せるもその後が続かず。

早大は連勝で4位を確定させたい。一つでも順位を挙げたい法大はここで踏ん張ることができるのか。