2016年の世界選手権で優勝し、昨季もリード・スピード・ボルダリングの3種目で複合総合優勝に輝いたTEAMauの楢﨑智亜。

「クライミングを日本中に広めるためにもっと有名になりたい」

世界王者として戦う21歳の進化と覚悟、そして、その素顔に迫る。

その他、ハイライト動画はこちら(https://sportsbull.jp/climbingtv/

■楢﨑智亜(ならさき・ともあ)

1996年6月22日生 栃木県出身 TEAM au所属

IFSC クライミング・ワールドカップ 2017(リード) 廈門大会 2位/呉江大会 2位

IFSC クライミング・ワールドカップ 2017(ボルダリング) ミュンヘン大会 2位/八王子大会 2位/南京大会 2位/重慶大会 2位

日本選手権リード競技大会 2017 2位

 

■TEAM au

TEAM au は、日本におけるスポーツクライミングを、子どもから大人まで多くの人が楽しめるメジャーなスポーツとして発展・普及させるべく結成されました。チームメンバーは、すでに国内外の大会で輝かしい実績を残し、世界の頂点をねらう実力派クライマーで構成されています。2016年8月、TEAM auは、文字通り“壁を越える”為の最初の一歩を踏み出しました。今後は、クライミングを愛する全ての人とともに、様々な活動を通じて日本のスポーツクライミングシーンを牽引し、盛り上げていきます。