法政大学 2-2 立教大学

1点をめぐる攻防は延長戦の末両者ゆずらずに引き分けに終わった。

法政は初回に主将・森(日大三)の犠飛で幸先よく先制する。3回表には、小林(中京大中京)のタイムリーで追加点を挙げて2対0と中盤までに試合を優位に進める。対する立教も主将・熊谷(仙台育英)が4回に犠飛を放って1点差とすると、5回には敵失間に走者がかえりゲームを振り出しに戻す。

投げては、法政は今季リリーフ登板が中心だった熊谷(平塚学園)が初先発。4回1失点で試合を作ると、2番手・鈴木昭(常総学院)が味方の失策などで2失点したものの、河野太(法政二)、高氏(立命館慶祥)が無失点リレー。立教投手陣も2試合連続の先発マウンドとなった田中誠(大阪桐蔭)が8回2失点の好投。後を継いだルーキー・中川(桐光学園)も好リリーフを見せた。試合は両チームの投手陣の踏ん張りもあって、6回以降は無得点で引き分け。

今カードは法政の1勝1分けで、勝ち点の行方は明日以降に持ち越された。