慶應大学 8-7 立教大学
勝:関根 敗:手塚

慶應が延長12回の激闘を制して先勝した。

打線は2対7と5点を追う7回表に柳町のタイムリーで反撃に転じる。さらに5番・清水翔(桐蔭学園)と、倉田(浜松西)にも連続適時二塁打が飛び出すなど4点を挙げて1点差に詰め寄る。粘る慶應は土壇場9回にも二死一塁から河合(関西学院)が同点打を放ってゲームを振り出しに戻すと、延長12回には二死満塁から倉田が押し出し四球を選んで試合を決めた。

投手陣は先発・津留崎(慶應)、あとを受けた高橋亮(慶應湘南藤沢)と石井(慶應志木)が失点を重ねるも、6回以降はリリーフ陣が踏ん張って相手打線に追加点を与えずに勝利を呼び込んだ。

一方の立教は中盤までに打線が7得点するなどゲームを優位に進めるも、終盤に投手陣が崩れて痛い逆転負けを喫した。