東京大学 1-10 早稲田大学
勝:柳澤 敗:濵﨑
本塁打:東大・新堀 2号(2回)

早稲田が10得点の猛攻と、先発・柳澤(広陵)の好投で今季初の勝ち点を手にした。

早稲田打線は1対1で迎えた3回、一死一二塁から復調気味の4番・加藤(早稲田実業)の適時二塁打を皮切りに、6番・三倉(東邦)と7番・岸本(関大北陽)の連続適時打などで一挙5点。試合の主導権を握ると4、5回にも得点し9点の大幅リードに成功する。

投げては今季初先発の柳澤が9奪三振で完投勝利。リーグ戦では久しぶりとなるロングイニングにも関わらず、終始安定した投球をみせると。野手陣も好守で柳澤を援護。念願の今季1勝目を手にした。

一方の東大は2回、6番・新堀の2号ソロ本塁打が飛び出すも、以降は決定打が出ず、得点することはできなかった。