慶應大学 6-7 法政大学
勝:菅野 敗:石井
本塁打:慶應・郡司 2号(3回)、岩見 4号(4回)、明渡 1号(9回)

法政が慶應の追撃を振り切り、勝ち点1獲得。第4戦までもつれ込んだ熱戦を制した。

3点を追う4回、満塁のチャンスで川口(横浜)が走者一掃の適時三塁打を放ち試合を振り出しに戻すと、5回には先発・菅野(小高工)の犠牲フライ、舩曳(天理)の適時三塁打で2点勝ち越し。7回には川口の猛打賞となる適時打で7対3とした。

投げては、先発・長谷川(聖望学園)が4回3失点。2番手で昨日先発したエース・菅野も力投を見せ、最後は守護神・熊谷(平塚学園)が試合を締めた。

敗れた慶應は郡司(仙台育英)、岩見(比叡山)がそれぞれ2試合連続、3試合連続となる本塁打を放つも、投手陣がリードを守り切れず。9回に倉田(浜松西)の適時打と明渡(桐蔭)の本塁打で1点差に詰め寄るも、あと一歩及ばなかった。