東京大学 1-8 立教大学
勝:手塚 敗:宮台
本塁打:東大・楠田1号(9回)

立教が8対1で勝利し、勝ち点を獲得。連覇に向けて最高の滑り出しとなった。

立教は1回裏、相手のバッテリーミスで2点を先制すると、5番・飯迫(神戸国際大付)の適時打で3点目を獲得。続く2回には、7番・熊谷(仙台育英)の盗塁でチャンスを作り、手塚(福島)、髙取(日大二)の適時打でさらに3点を加点、6対0とする。5回には再び飯迫の適時二塁打で1点を追加して、リードを7点に広げた。

投げては先発・手塚が6回無失点の快投。7回以降は比屋根(興南)、橋本(大分上野丘)の救援陣が東大打線を封じた。

敗れた東大は先発・宮台(湘南)が序盤に大量失点。3回以降は持ち直すも、8回8奪三振8失点とエースの役割を果たすことができず。打線の奮起も楠田(桐朋)の一発にとどまった。