<明治安田J1:川崎F1-柏1>◇25日◇第16節◇U等々力川崎フロンターレがホームで柏レイソルに1-1で引き分け、連敗を止めた。前半30分にMF脇坂泰斗主将(28)の得点で先制。しかし後半14分にセットプレーから失点して同点に追いつかれた…

<明治安田J1:川崎F1-柏1>◇25日◇第16節◇U等々力

川崎フロンターレがホームで柏レイソルに1-1で引き分け、連敗を止めた。

前半30分にMF脇坂泰斗主将(28)の得点で先制。しかし後半14分にセットプレーから失点して同点に追いつかれた。

後半追加タイムにDFジェジエウ(30)がセットプレーからヘディングでゴールネットを揺らしたが、VARでオフサイドの判定となり、取り消しに。同点のまま試合終了を迎えた。

鬼木達監督(50)は「これだけ多くのサポーターが来てくださった中で、勝ちきれなかったのが悔しくて申し訳なく思っています」と悔しがった。

過去2戦と同様、先制点を奪いながら追加点を決めきれず、ペースを落として追いつかれた。「課題の2点目のところ、チャンスはあった。決めきらないとこういう形になる。そこをもう1回チーム全員で確認したい」と反省した。

追加点とともに、ビルドアップの安定感も求めた。より自信をもってボールを受ける部分や、ボールの動かし方などを選手に訴えたという。「敵陣でボールを握らないと意味が無い。その結果がその数字に表れている」と厳しく振り返った。