総合格闘技(MMA)のイベント「RIZIN 2017 in YOKOHAMA」が4月16日、神奈川・横浜アリーナで行われた。“シュートボクシングの絶対女王” RENAは、関節技を得意とするドーラ・ペリエシュ(ハンガリー)に1R2分49秒のKO勝利を収めた。

試合は開始早々、ペリエシュに腕十字を決められそうになりピンチを迎えるRENA。しかし、脱すると得意のキック、パンチで圧倒。形勢は逆転し、最後は左ボディでマットに沈めた。

試合後にRENAは、「危ない場面がありましたがなんとか無事勝つことができました」とツイッターで勝利を報告。声援を送ったファンへ感謝の言葉をつづっている。

次の投稿で、「興奮して寝れれへん(笑)」と興奮冷めやらぬようすのRENA。「エゴサしよ」とインターネット上で自身の名前を検索し、評価を確認。「見てるよ ニマニマしながら(笑)」と続け、勝利の余韻に浸るようすをのぞかせた。

ツイッターにはファンから、「おめでとう!左ボディ完璧だったね!」「今回も三日月蹴り最高でした!」「RENA選手が腕を取られた時は少しヒヤッとしたけど、まあ完全勝利ですわ!」「カッコよかったです!」「RENAさんの試合観て、自分も更に競技頑張ろうと思いました!」「めっちゃ興奮したよ!」「エゴサ宣言恐い笑 うかつなこと言えないな!」「また次も頑張ってくださいね!」などのコメントが寄せられていた。