柔道男子66キロ級 4回戦で果敢に攻める大久保選手(左)

柔道男子66キロ級 4回戦で果敢に攻める大久保選手(左)

柔道男子66キロ級決勝で、果敢に攻める佐賀商の田中選手(手前)

柔道男子66キロ級決勝で、果敢に攻める佐賀商の田中選手(手前)

柔道男子73キロ級の1回戦で攻める鹿児島情報の岩坪選手(右)

柔道男子73キロ級の1回戦で攻める鹿児島情報の岩坪選手(右)

柔道男子73キロ級決勝で、果敢に攻める東海大相模の有馬選手(右)

柔道男子73キロ級決勝で、果敢に攻める東海大相模の有馬選手(右)

柔道男子団体決勝の代表戦で、果敢に攻める国士舘の斉藤立選手(奥)

柔道男子団体決勝の代表戦で、果敢に攻める国士舘の斉藤立選手(奥)

柔道男子団体で優勝した国士舘の選手たち

柔道男子団体で優勝した国士舘の選手たち

柔道男子団体で準優勝した大牟田の選手ら

柔道男子団体で準優勝した大牟田の選手ら

相手に食らいつく埼玉栄の田川聖選手(右)

相手に食らいつく埼玉栄の田川聖選手(右)

柔道男子団体で3位となった埼玉栄の選手たち

柔道男子団体で3位となった埼玉栄の選手たち

柔道男子団体で3位となった作陽の選手たち

柔道男子団体で3位となった作陽の選手たち

アーチェリー男子団体で優勝した愛産大三河の選手たち

アーチェリー男子団体で優勝した愛産大三河の選手たち

アーチェリー男子団体で優勝した愛産大三河の選手たち

アーチェリー男子団体で優勝した愛産大三河の選手たち

アーチェリー男子団体で準優勝した近大付の選手たち

アーチェリー男子団体で準優勝した近大付の選手たち

アーチェリー男子団体、三位になった甲南の選手たち

アーチェリー男子団体、三位になった甲南の選手たち

アーチェリー女子団体で優勝した甲南女の選手たち

アーチェリー女子団体で優勝した甲南女の選手たち

アーチェリー女子団体で優勝した甲南女の選手たち

アーチェリー女子団体で優勝した甲南女の選手たち

アーチェリー女子団体で優勝した甲南女の選手たち

アーチェリー女子団体で優勝した甲南女の選手たち

アーチェリー女子団体で準優勝した千葉英和の選手たち

アーチェリー女子団体で準優勝した千葉英和の選手たち

アーチェリー女子団体で準優勝した千葉英和の選手たち

アーチェリー女子団体で準優勝した千葉英和の選手たち

アーチェリー女子団体で3位になった同志社女の選手たち

アーチェリー女子団体で3位になった同志社女の選手たち

空手女子団体組手に臨む鹿児島城西の新西華奈選手

空手女子団体組手に臨む鹿児島城西の新西華奈選手

相手を攻める玉川の藤本選手(左)

相手を攻める玉川の藤本選手(左)

3回戦を戦う小松島西の富加見選手

3回戦を戦う小松島西の富加見選手

柔道男子66キロ級 4回戦で果敢に攻める大久保選手(左)
柔道男子66キロ級決勝で、果敢に攻める佐賀商の田中選手(手前)
柔道男子73キロ級の1回戦で攻める鹿児島情報の岩坪選手(右)
柔道男子73キロ級決勝で、果敢に攻める東海大相模の有馬選手(右)
柔道男子団体決勝の代表戦で、果敢に攻める国士舘の斉藤立選手(奥)
柔道男子団体で優勝した国士舘の選手たち
柔道男子団体で準優勝した大牟田の選手ら
相手に食らいつく埼玉栄の田川聖選手(右)
柔道男子団体で3位となった埼玉栄の選手たち
柔道男子団体で3位となった作陽の選手たち
アーチェリー男子団体で優勝した愛産大三河の選手たち
アーチェリー男子団体で優勝した愛産大三河の選手たち
アーチェリー男子団体で準優勝した近大付の選手たち
アーチェリー男子団体、三位になった甲南の選手たち
アーチェリー女子団体で優勝した甲南女の選手たち
アーチェリー女子団体で優勝した甲南女の選手たち
アーチェリー女子団体で優勝した甲南女の選手たち
アーチェリー女子団体で準優勝した千葉英和の選手たち
アーチェリー女子団体で準優勝した千葉英和の選手たち
アーチェリー女子団体で3位になった同志社女の選手たち
空手女子団体組手に臨む鹿児島城西の新西華奈選手
相手を攻める玉川の藤本選手(左)
3回戦を戦う小松島西の富加見選手

 柔道の男子団体戦決勝が行われ、国士舘(東京)が大牟田(福岡)を破り、3年ぶり15度目の優勝を決めた。男子60キロ級では、近藤隼斗(佐賀・佐賀工3年)が2連覇を達成した。弓道の団体戦は、男子が岡山工(岡山)、女子は天童(山形)がそれぞれ初優勝。アーチェリーの男子団体戦は愛産大三河(愛知)が6年ぶり4度目、女子は甲南女(兵庫)が11年ぶり4度目の頂点に立った。【撮影】読売新聞社 中嶋基樹、山元麻由、割田謙一郎、浦上太介、小川晶弘、平井翔子、大森祐輔 【制作】読売新聞メディア局