日本

1 VS 1

シリア

MATCH REPORTS ※情報は自動更新

日本は立ち上がり4-3-3システムで試合に望む。インサイドハーフは前回うまく機能した今野と香川、アンカーには山口。CBは森重の代わりに昌子が入る。SBは長友、酒井。ウィングは原口、久保。1トップは大迫、キーパーは川口。親善試合としては、手堅いスターティングメンバーとなった。シリアはこれまでのW杯予選の戦いのとおり、手堅い守備をみせる。特にボールへの寄せは早く、うまく日本の攻撃を遮っていた。また前半7分に香川が負傷退場してからは、大迫へのボール、大迫が収めたあとの展開に日本が苦労して、効果的な攻めを見せることができなかった。パサーとボールを落ち着かせるところがなく、せわしない展開が続く中、特に両サイドバックが高く上がりすぎになってしまうことがあり、特に長友の裏をカウンターで狙われることが多かった。またシリアのドリブルに対して簡単にいく場面が多く危ない場面が何回かあった。昌子に関しては、守備はまずまず(ところどころまずい点はあったが)で、組み立ての場面で遠慮があるのか全く参加できず、近くの味方にパスするのみであった。攻撃に関して、大迫はさすがのキープ力を見せたが、久保、原口、香川に関してトラップミスや足がもつれる場面が多く、調子があまりよくない感じであった。前半はお互いにチャンスを決めれず0-0。お互いに慎重な展開であった。
後半開始から調子が悪い久保に変えて本田投入。しかし、後半早々CKから酒井がマークを外したところを決められてしまう。一瞬集中力が切れるところが今後の課題である。特に後半立ち上がりの失点が日本は多い。山口に変えて井手口投入。左サイド原口の崩しから長友クロス、今野がゴール。前回に続き今野がここぞというときにゴール前への詰めは流石である。原口に変えて乾、今野に変えて浅野を投入。本田がインサイドハーフに。乾がドリブルやスルーパスでゲームを作れることと、本田がインサイドハーフに入り後方から前線へのパスが通るようになり、日本の攻撃は信じられないぐらい活性化した。攻撃では、相手DFとボランチの間にはいり、守備では真ん中に位置し、周りの選手が大きく動くのと対照的に、あまり動かないことが 功を奏し、スペースがうまくうまるようになった。いつもであれば、長谷部が周りをみてバランスをとってスペースを埋めるところが結果として本田がうめた。その後は、なんども決定機をつくるもゴールをわれず、ドロー。スタメン組の調子を見るという目的があったかもしれないが、初めからサブのメンバーを出したほうが、親善試合の意味もあったし、結果としてモチベーション高く試合に入れただろう。今回スタメンとサブに大きな違いは見られなかったので、来週の試合誰が選ばれるか楽しみである。

Data

データ項目
FK 16 10
CK 6 2
PK 0 0
シュート 15 11
警告/退場 0 / 0 0 / 0

Member

スターティングメンバー

  • GK 1 川島 永嗣
  • DF 19 酒井 宏樹
  • DF 22 吉田 麻也
  • DF 3 昌子 源
  • DF 5 長友 佑都
  • MF 16 山口 蛍 53’
  • MF 17 今野 泰幸 63’
  • MF 10 香川 真司 10’
  • FW 14 久保 裕也 45’
  • FW 15 大迫 勇也 85’
  • FW 8 原口 元気 58’
  • GK 1 イブラヒム アルマ
  • DF 6 アムロ ジェニアト
  • DF 5 オムロ アルミダニ
  • DF 2 アハマド アルサレハ
  • DF 3 ムアイアド アルアジャン
  • MF 9 マハムード アルマワス 93’
  • MF 14 タメル ハグ モハマド
  • MF 20 ハレド アルムバイド 78’
  • MF 12 ファハド ユーセフ 90’
  • MF 18 モハメド ザヒル アルグナミ 65’
  • FW 19 マルデク マルドキアン 85’

控えメンバー

  • GK 12 東口 順昭
  • GK 23 中村 航輔
  • DF 2 宇賀神 友弥
  • DF 13 三浦 弦太
  • DF 20 槙野 智章
  • DF 21 酒井 高徳
  • MF 6 遠藤 航
  • MF 7 倉田 秋 10’
  • MF 24 井手口 陽介 53’
  • MF 25 加藤 恒平
  • FW 4 本田 圭佑 45’
  • FW 9 岡崎 慎司 85’
  • FW 11 乾 貴士 58’
  • FW 18 浅野 拓磨 63’
  • FW 26 宇佐美 貴史
  • GK 22 アハマド マダニエ
  • GK 23 マハムード アルユーセフ
  • DF 4 フセイン アルジワイド
  • DF 15 アラー アルシュブリ 85’
  • DF 17 アハマド ディーブ
  • MF 8 ウダイ アブドゥルジャッファル 90’
  • MF 11 ユーセフ カルファ
  • MF 13 モハマド ワエル アルレファイ 78’
  • FW 16 アハマド アルドゥーニ 93’
  • FW 21 ナッスーフ ナックダハリ 65’

Stadium

スタジアム
東京スタジアム
入場者数
43608人
天候  /  気温  /  湿度
曇り一時雨  /  22℃  /  66%
主審
ダニエル ステファスキ
副審
マルチン ボニエク ダビッド ゴリス
第4の審判員
木村 博之