J1横浜FCは8日、成績不振のため下平隆宏監督(49)の解任を発表した。J1での監督交代は今季初となった。また、後任に現ユース監督の早川知伸氏(43)が就任することも発表された。

 下平監督は2019年5月に当時J2だった横浜FCのヘッドコーチから監督に就任すると、13位に低迷していたチームを立て直し、最終的に2位でJ1へ昇格させた。13年ぶりのJ1挑戦となった昨季は、後方からの徹底した組み立てを軸にするなど明確なスタイルを打ち出し、9勝6分け19敗と降格のないシーズンではあったが、本来の残留圏内15位でシーズンを終えていた。

 下平監督はコメント文を発表。前日7日、0-3で敗れた広島戦の後に「GM、社長と話し合いの場を持ちクラブを離れることになりました」と解任が決まったといい、「今季はJ1定着を目指し、トップ10入りを目標にしましたが、思うような結果を出せなかったことに強く責任を感じております。ただ、選手、スタッフ、クラブスタッフとチーム一丸となり戦えたことは本当に誇りに思いますし、みんなには感謝の気持ちいっぱいです」などの思いをつづった。

 在任期間中は、いい思い出を作ることができたといい、「本当に感謝しています。このクラブが好きになり愛着もありましたが、結果を出せずに、こういう形でクラブを離れるのは非常に心残りですが、これからも横浜FCというクラブが発展していくことを切に願っています」などの言葉をつづった。

 早川氏は選手としては浦和、横浜FC、千葉でプレー。11年から横浜FCで下部組織の指導者になり、15年から19年はトップチームコーチ、20年からはユース監督を務めていた。「横浜FCは、自分自身にとって最高のクラブです。多くの仲間と出会い、素晴らしい経験をさせていただき、自分をここまで成長させてくれた最高のクラブです。この横浜FCへの想いは誰にも負けません。強い決意と覚悟をもって戦うことを誓います」と抱負のコメントを寄せている。

 横浜FCは今季、攻撃陣を大幅に入れ替え、FW渡辺千真(34)、伊藤翔(32)ら実績ある選手をそろえた。目標に掲げたトップ10に大きな期待がかかっていた中、8試合を終えて5得点で22失点と苦しいチーム状況から抜け出せず、リーグ開幕6連敗など8試合を終えて1分け7敗と未勝利で最下位に沈んでいる。