26日、国際親善試合『SAISON CARD CUP』が東京の味の素スタジアムで行われ、U-24日本代表がU-24アルゼンチン代表と対戦。東京五輪でメダルを狙うチーム同士の一戦は、個と組織に優れたアルゼンチンが1対0で勝利した。

東京五輪に向けて、優勝候補と戦う貴重な場となった『SAISON CARD CUP』。南米王者アルゼンチンと中2日で2試合を戦う初戦、スタメンはGK大迫敬介、最終ラインは右から菅原由勢、渡辺剛、板倉滉、旗手怜央。ボランチにはキャプテンマークを巻いた中山雄太と渡辺皓太。2列目は右から三好康児、久保建英、三笘薫。ワントップに田川亨介が入る、4-2-3-1でスタートした。

開始から、攻勢に出たのはアルゼンチン。前半8分には右サイドを崩してガイチがクロスをあげ、C・バレンスエラが中央で合わせると、シュートはクロスバーを直撃。その後もアルゼンチンが鋭い出足と素早いパスワークでゲームを支配していく。

そして前半21分、アルゼンチンが先制ゴールをあげる。バルガス・マルティンがドリブルを仕掛けて板倉を抜き去ると、中央にクロス。ゴール前で待っていたガイチが打点の高いヘディングシュートを放ち、クロスバーに当たったボールはゴールに吸い込まれていった。

早い時間に追いつきたい日本は、前半32分、ワントップの田川が右サイドでボールを受け、右足で強烈なシュートを見舞うが、ゴールの枠を外れた。

ハーフタイムを挟み、立て直しを図った日本は久保を起点に攻撃を仕掛け、アルゼンチンゴールに迫っていく。

後半21分には、三笘と旗手の左サイドを同時に下げ、相馬勇紀と古賀太陽を投入する。直後の後半25分、日本にチャンスが訪れる。途中出場の相馬と久保のコンビネーションで左サイドを突破し、中央へグラウンダーのクロスを送る。これをGKがセーブし、こぼれたボールを田川が押し込もうとするが、DFにブロックされた。

後半29分には、コーナーキックのボールに渡辺が走り込み、ヘディングで狙うが、わずかに合わず。決定機をゴールに結びつけることはできなかった。

後半33分、田川に替えて食野亮太郎を送り込むと、後半35分には相馬、渡辺、食野とつなぎ、久保が右足でダイレクトボレーを放つ。強烈な弾道のシュートだったが、わずかにゴールの外。惜しい場面が続く。

後半42分には、三好に替えて林大地を入れてゴールを目指すが、アルゼンチンの堅守を打ち破ることはできず。強豪相手に苦戦し、0対1で敗れた。

試合後、横内昭展監督は「(アルゼンチンに)激しくボール際に来られ、慌てた部分もあった。時間とともに自分たちのリズムになったが、前半の1点が最後まで重くのしかかった」と厳しい表情で振り返った。

注目の三笘は「先に失点して、難しい展開になってしまった。たくさん課題が出た試合だった」と話し、攻撃を牽引した久保は「後半はほぼ相手に何もさせなかった中で、前の自分達が決められなかったのが敗因。2戦目で借りを返したい」と前を向いた。

強豪アルゼンチンとの2試合目は、29日(月)19時45分キックオフ。試合はBS朝日にて生中継、『TVer』にてライブ配信される。