東京五輪のサッカーで、女子代表のなでしこジャパンの1次リーグ(L)最終戦会場を宮城県内にする方向で調整されていることが23日、分かった。なでしこジャパンは東日本大震災後の2011年にW杯ドイツ大会で初優勝し、国民栄誉賞を受賞。震災直後の快進撃は日本を元気づけた経緯がある。近年も福島県のサッカー施設「Jヴィレッジ」(楢葉町、広野町)で代表合宿を行うなど東北との結びつきは強い。宮城県内での試合開催となれば、「復興五輪」を掲げる東京五輪の意義を世界に発信する機会にもなる。

 FIFAによると、7月27日の試合を宮城スタジアム(宮城県利府町)で実施する予定。21日の初戦と24日の第2戦は札幌ドーム(札幌市)で行う。原則24歳以下で争われる男子の日本は、22日の初戦が東京スタジアム(東京都調布市)、25日の第2戦が埼玉スタジアム(さいたま市)、28日の最終戦が横浜国際総合競技場(横浜市)と、移動の負担を最小限に抑えられるように全てが首都圏で開催する予定だ。

 日本の男女は開催国枠での出場が決まっている。男子は16チーム、女子は12チームが参加し、それぞれ4チームずつによる1次Lを経て、8チームが決勝トーナメントに進む。組み合わせ抽選は4月頃に行われる予定。サッカーは男女とも7月23日の開会式に先立って始まる。