女子フィギュアスケートの本田真凜が22日、自身のインスタグラムを更新し、現役を引退した兄・太一に“超豪華”なサプライズを送った。

「太一お疲れ⛸皆んなからの寄せビデオ🎥以前太一にプレゼントした、引退おめでとう寄せビデオです!みんなありがとう😊」とつづり、20分51秒の動画をアップした。
冒頭で真凜が「太一〜、長い間現役生活お疲れ様でした。なんか渡したいと思って寄せ書きを集めようと思ったけれど、みんながすでにやってくれていたからビデオにしました。みんなたくさんビデオを撮ってくれたから見てね〜。スタート」と経緯を説明し、動画がスタート。最初のメッセージは妹・望結と紗来で「今もこれからも自慢のお兄ちゃんでいてください」、「頑張れよ」とそれぞれ気持ちを伝えた。
フィギュアスケートのバンクーバー五輪銅メダリストで昨年からアイスダンスに転向した高橋大輔は、ペアを組む村元哉中と出演し、「長い間お疲れ様でした。太一がこんなに小さい時から見ててから....。アイスダンスしない?」と投げ掛け、「少し寂しい気持ちはあると思うけど、第二の人生思いっきり進んでいけばいい未来が待っていると思う。応援しています」などとエールを送った。
平昌五輪代表の田中刑事は、同じく代表の坂本花織、大阪代表としてともに国体を戦った友野一希の3人で茶目っ気たっぷりに“涙”を誘っている。
卓球東京五輪代表の伊藤美誠も登場しており、「太一くん、お疲れ様でした。落ち着いたら、またみんなでわいわいしましょう」と言葉を送っていた。
他にも、平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨、世界王者のネイサンチェン、平昌五輪4位の宮原知子、本郷理華ら多くの国内外のトップスケーターが、太一の引退を労った。