30日、第16回ボルダリングジャパンカップ(駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場=東京都世田谷区)の男子予選が女子に続いて終了し、3完登5ゾーンを記録した藤井快が首位で準決勝に進出した。

 2番手で登場した藤井は、前を登る楢崎智亜が捉え切れなかった強傾斜の第3課題を見事に2トライで仕留めると、第4課題は一撃。3完登をいずれも少ないアテンプト数で抑えたことで、単独首位での予選通過となった。

2位で通過した土肥圭太。

同じく2位通過の緒方良行。

 競技終了後に「例年にはない、稀に見る相当ハードなラウンドだった」と藤井が振り返った通り、高難度課題が続き、第2課題以降は完登者がバラついた。1完登すれば予選通過の可能性が残る展開となった中で、全体で完登者が2名のみだった第2課題を“静かに”攻略した土肥圭太が2位、全体で5名のみが完登を記録した第3課題を沈めた緒方良行も2位タイで予選を突破している。

 東京五輪代表の楢崎智亜は2完登ながら7位、1完登だった同代表・原田海も15位で準決勝行きを決めている。男子準決勝は明日9時30分より、女子と同時にスタートする。

東京五輪代表の楢崎智亜。

<準決勝進出選手>

1位:藤井 快(TEAM au)/3t5z 6 10
2位:緒方 良行(-)/3t5z 10 13
2位:土肥 圭太(鹿児島県山岳・スポーツクライミング連盟)/3t5z 10 13
4位:天笠 颯太(日本大学)/3t5z 13 18
5位:杉本 怜(マイナビ)/3t5z 14 15
6位:楢崎 明智(TEAM au)/2t5z 5 9
7位:楢崎 智亜(TEAM au)/2t4z 4 5
8位:本間 大晴(埼玉県山岳・スポーツクライミング協会)/2t4z 5 11
9位:高田 知尭(鳥取県山岳・スポーツクライミング協会)/2t4z 7 8
10位:川又 玲瑛(栃木県山岳・スポーツクライミング連盟)/2t4z 7 10
11位:百合草 碧皇(埼玉県山岳・スポーツクライミング協会)/2t3z 5 6
12位:小福田 透(岡山県山岳・スポーツクライミング連盟)/2t3z 11 15
13位:渡部 桂太(住友電装)/1t5z 2 8
14位:今泉 結太(茨城県山岳連盟)/1t5z 6 18
15位:原田 海(日新火災)/1t4z 3 10
16位:清水 裕登(愛媛県山岳・スポーツクライミング連盟)/1t4z 5 16
17位:井上 祐二(福井県山岳連盟)/1t4z 6 10
18位:石松 大晟(Base Camp)/1t3z 2 6
19位:小西 桂(慶応義塾大学)/1t3z 3 4
20位:古堅 雄士(-)/1t3z 4 10

※左から氏名、所属先、成績
※成績は左から完登数、ゾーン獲得数、完登に要した合計アテンプト数、ゾーン獲得に要した合計アテンプト数
※予選上位20名が準決勝に進出

CREDITS

取材・文

編集部 /

写真

窪田亮