毎年恒例で、今年じつに29回目を迎えた新日本プロレスの新春東京ドーム大会。昨年に続き、1月4日と5日、イッテンヨン、イッテンゴの2日連続開催となった今回は、異例ずくめの大会となった。

 その要因となったのは、もちろん新型コロナウイルスの感染拡大だ。ドームのチケットを発売開始した時点では、観客数の上限は収容人数の50%に設定されていたが、昨年末になって政府は再びイベントの観客数上限を5000人に変更。すでに販売済みチケットのキャンセルこそ求められなかったものの、新規販売で上限を超えないよう自粛要請を受けたため、新日本は12月29日で前売り券の販売を終了。当日券の販売も見送った。

 また、この感染拡大を受けて、ドームでの生観戦はあきらめて、テレビや新日本プロレスワールドでの生配信による観戦に切り替えたファンも数多くいたことだろう。

プロレスの東京ドーム大会史上最少を記録

 そして会場を訪れたファンも、消毒と検温、コロナ情報追跡システム「TOKYO DOME ALERT」への登録など、感染予防策を行った上で入場し、試合中の声を出しての応援は自粛。選手への応援は、拍手や手拍子、足踏みなどにかぎられた。

 その結果、観客数は初日の1.4が1万2689人、2日目の1.5は7801人と、プロレスの東京ドーム大会史上最少を記録。会場の雰囲気も、広いドームに歓声はほぼなく、拍手のみが響き、時には静寂が訪れる異例のものとなった。

 このような客観的な事実のみを記すと、なんとも寂しいドーム大会だったように思えてしまうが、テレビや配信を含め、今大会を観戦したファンの評判はすこぶるいい。

 それはもちろん、レスラーたちの奮闘ぶりがファンに届いた結果でもあるが、このコロナ禍における新日本プロレスの前向きな姿勢が功を奏したように思う。

オカダ、棚橋、内藤のビッグ3抜きで

 今回のドーム大会は、1.4が(第0試合を含めて)全7試合、1.5が全8試合と、例年と比べて試合数をしぼってきた。それによって、個々の試合のクオリティが高まる結果となった。

 また初日のメインイベントであるIWGPヘビー級&インターコンチネンタル選手権で、王者・内藤哲也が飯伏幸太に敗れたこともあり、1.5はオカダ・カズチカ、棚橋弘至、内藤哲也という新日本の、いや日本マット界を代表するビッグ3抜きでのドーム興行という、じつにチャレンジングなマッチアップとなった。

 これはコロナ禍だからこその実験であったように思う。

 それは『週刊プロレス No.2101』に掲載された、新日本プロレスと女子プロレス「スターダム」のオーナーである木谷高明ブシロード代表取締役会長のインタビューでも垣間見られた。

満員にできないならば、未来への種を

 木谷オーナーは、スターダムが3月3日に日本武道館に進出する話題の中で、次のように語っている。

「武道館開催の驚きは大きかったと思います。それはいまだからできるんです。通常だと空席が多かったらカッコ悪い。でもコロナで制限のあるいまは極端な話、何千人でもいい。武道館でやることが大事」

 これはあくまでスターダムの話であるが、新日本プロレスにも当てはまるのではないだろうか。

 ここ数年、新日本は東京ドームの超満員を目指して、年々観客数を増やしてきた。昨年は1.4が4万8人、1.5が3万63人と合計で7万人超えを達成。その時点では、2021年こそは超満員札止めとなることが期待されていた。

 しかし、今年は観客数が制限されているため、それは物理的に不可能。そうであるならば、新日本は目先の観客動員ではなく、未来への種を蒔くことに舵を切ったのではないだろうか。

飯伏幸太とジェイ・ホワイトがメインを務めた意義

 結果、飯伏幸太とジェイ・ホワイトが堂々とドームのメインを務め、昨年末、ジュニアの試合で武道館のメインを務めあげた高橋ヒロムが、連日ファンを魅了してみせた。EVILを破ったSANADAは次期IWGPヘビー&インターコンチの挑戦者としての存在感を発揮し、鷹木信悟による昨年来の肉弾戦はNEVER無差別級王座の価値を確実に引き上げている。

 このような選手全体の底上げは昨年から始まっており、これまで絶対的な存在だったオカダ・カズチカがタイトル戦線から距離を置き、内藤哲也が2冠王者として新日本を牽引し、人気だけでなく実績も積み上げた。近い将来、この選手全体の底上げは確実に活きてくる。

 新日本プロレスは、コロナ禍においてもジタバタと場当たり的に動くのではなく、しっかりと未来を見据え、来るべき日に備えて新たな力を蓄えている。親会社ブシロードの懐の深さも含め、そこが新日本の強さだと言えるだろう。

 この先が見えない世の中で、今年の新日本プロレスの1.4と1.5東京ドーム大会は、明るい未来へ続く指標を見せてくれていたのである。

(「ぼくらのプロレス(再)入門」堀江ガンツ = 文)