◆大相撲初場所4日目(13日、東京・両国国技館)

 大関・貴景勝(24)=常盤山=の綱取りが事実上、消滅した。平幕の宝富士(33)=伊勢ケ浜=に上手投げで完敗。新入幕だった2017年初場所以来、自己ワーストタイとなる初日から4連敗を喫した。

 取組後は今場所初めてリモート取材に応じなかった。打ち出し後、番付を編成する審判部の伊勢ケ浜部長(元横綱・旭富士)は綱取りに関する問いに「4連敗もしてね、そういうことを聞くこと自体がおかしい」と事実上の“終戦通告”をしていた。