「尼崎センプルカップ・G1」(13日、尼崎)

 2日目6Rは、上野真之介(32)=佐賀・102期・A1=が4カドからコンマ09のフルショット。鮮やかなまくりで内枠勢を粉砕して、待望のシリーズ初白星を飾った。

 「良かったですね。日に日に回らない感じになっているけど、うまく調整ができている」と相棒の8号機とのマッチングは抜群。「出足も良く、今は伸びも良かった。エンジンの音も悪くないし納得している」と機力はトップクラスの域に入った。

 今節は師匠の峰竜太が不調だが、佐賀勢では三井所尊春が初日からオール2連対の快進撃。上野も負けじと好調なリズムに乗り、縦横無尽にポイントを荒稼ぎする。