楽天・銀次内野手(32)が13日、宮城県内で自主トレを行った。練習後にオンラインで取材に応じ、2011年の東日本大震災から、今年3月で節目の10年目を迎える思いを告白した。

 岩手県沿岸部の下閉伊郡普代村出身。震災後は毎年、被災地の復興を願い、被災者への思いも背負ってプレーしてきた。「10年だから特別なことをするというのはなく、自分はずっとそういう思いで試合だったり、練習をしてきている。引き続き、自分には何ができるかというのを思いながらやって行動に移して、これから先もやっていきたい」と、これまでと同様に復興へ尽力する決意を示した。

 昨年は88試合の出場で打率は2割3分6厘に終わった。復活を期す今季の目標には「規定打席に立って、最低で(打率)3割を打つ」と掲げた。「(東北のファンに)すごく応援されているのは伝わっていますし、それに応えないといけないというのは、めちゃくちゃ感じていますね」と、結果で応えるつもりだ。

 「東北出身者の一人として自分が試合に出て戦って、かっこいい姿だったり、感動する姿を見せたい。1試合、1試合、全力で楽しみながら戦っていけたら。それで見ている人は『(銀次は)頑張っているな』とか少しでも感じてほしいですね。まだまだ苦労されている人はいっぱいいる。ほんのちょっとでもいいから元気にしたい」と使命感を語った銀次。全力プレーで東北を熱くする。