ラグビー・トップリーグ(TL)のパナソニックは13日、明大SO山沢京平(22)と、日体大SH本堂杏虎(22)の新加入を発表した。TLには4月から出場可能で新人賞の対象になる。

 山沢はパナソニックが8月から拠点を移す予定の埼玉・熊谷市の出身。兄・拓也(26)とチームメートになる。明大でのラストシーズンだった今季は右膝前十字靱帯を断裂し公式戦出場がなかった。チームを通じ「パナソニックの一員としてプレーできることを嬉しく思います。お世話になった全ての人への感謝の気持ちを胸に、試合に出場できますよう、精一杯頑張ります。応援よろしくお願いします」とコメントを出した。