11月6日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと北海道日本ハムの第24回戦は、4対3でオリックスが勝利した。オリックス・宮城大弥投手、北海道日本ハム・河野竜生投手とルーキー左腕同士の投げ合いは、宮城投手に軍配が上がった。宮城投手は嬉しいプロ初勝利となった。

 一軍登板3試合目となった宮城投手は、立ち上がりに苦しむ。初回、先頭打者に四球を与えると、続く2番・杉谷拳士選手に左翼への二塁打を浴びる。ここに味方の失策も絡んでいきなり先制を許すと、その後野村佑希選手にも適時打を浴び、この回2点を失った。

 宮城投手を援護したい打線は2回裏、大下誠一郎選手が右中間を真っ二つに割る適時二塁打を放って1点を返すと、続く頓宮裕真選手に2号2ランが飛び出し逆転。すぐさま試合をひっくり返した。

 援護を受けた宮城投手は、3回表は全てのアウトを三振で奪い、4回表も3者連続三振で切って取るなど力投を見せる。5回表は3連打で1点を失い同点に追い付かれるも、後続を断って5回3失点と試合をつくり、そのポテンシャルを証明した。

 すると打線は5回裏、1番・佐野皓大選手が敵失で出塁し2死2塁とすると、打席にはルーキー・紅林弘太郎選手。しぶとく左前に運ぶ勝ち越し適時打を放ち、宮城投手の勝ち投手の権利を復活させた。

 6回以降、オリックスは小刻みな継投で北海道日本ハム打線をかわし、スコアボードに0を刻みつづける。9回表には鈴木優投手がプロ初セーブをかけて登板し、2死2塁とピンチを招いたものの無失点で切り抜け、1点差を守り抜いて4対3でオリックスが勝利した。

 この試合は山崎勝己選手の引退試合となった。山崎選手は8回裏に代打で出場し三ゴロに倒れたものの、9回表の守備についてゲームセットの瞬間をグラウンド上で迎えた。宮城投手のプロ初勝利、鈴木優投手のプロ初セーブと、未来のオリックスを担う2人の選手の「初」を見届け、20年にわたるプロ野球人生に幕を引いた。

  123456789 計 日 200010000 3 オ 03001000X 4 日 ●河野竜生-玉井大翔-杉浦稔大 オ ○宮城大弥-齋藤綱記-吉田凌-比嘉幹貴-漆原大晟-S鈴木優 文・望月優樹