10月23日、楽天生命パーク宮城で行われた楽天イーグルスと北海道日本ハムの第22回戦は、4対4で引き分けに終わった。

 楽天の先発・福井優也投手は、初回に背負った満塁のピンチで2点の先制を許すと、4回表にもビヤヌエバ選手の適時打で1点を失うなど制球に苦しみ、4回76球5安打4四球1奪三振3失点の内容で降板した。

 3点を追いかける楽天は4回裏、2つの四球で作った無死1、2塁のチャンスで、辰己涼介選手に適時打が飛び出して1点を返すと、内野ゴロと犠飛で2点を挙げ、試合を振り出しに戻した。

 同点に追い付いた5回表からは酒居知史投手が登板。走者を許しながらもこの回を無失点に抑えると、直後に打線が奮起。北海道日本ハムの先発・マルティネス投手を攻め立てて、無死1、3塁のチャンスを作ると、ロメロ選手の適時打で勝ち越しに成功する。

 このまま逃げ切りを図りたい楽天は、6回表を福山博之投手が3人で抑えると、7回表は寺岡寛治投手が無失点に抑えて流れを渡さなかった。しかし、8回表に牧田和久投手が大田泰示選手13号ソロを被弾。4対4とされ、試合はまたも振り出しに。

 9回表は守護神・ブセニッツ投手が3者凡退に抑える完璧な投球で傾きかけた流れを渡さず。すると9回裏、1番・小深田大翔選手が意表を突くバントヒットで出塁。犠打と四球で2死1、2塁と一打サヨナラの場面を演出するも、決定打を欠き、試合は延長戦へ。

 10回裏、北海道日本ハムの6番手・加藤貴之投手を攻め立てて、2死3塁と再び一打サヨナラの場面を作るも、またも決定打に欠き、規定により引き分けで試合終了。楽天は先制を許すも、中盤に打線が追い付いた。一方の北海道日本ハムは、先発のマルティネス投手が4.0回89球6安打6四球3奪三振4失点と乱調。しかし、後を受けた救援陣が無失点リレーと奮闘し、大田選手の同点弾につなげた。

  12345678910 計 日 2001000100 4 楽 0003100000 4 日 マルティネス-堀瑞輝-西村天裕-宮西尚生-玉井大翔-加藤貴之 楽 福井優也-酒居知史-福山博之-寺岡寛治-牧田和久-ブセニッツ-D.J.ジョンソン 文・和田信