10月21日、メットライフドームで行われた埼玉西武と千葉ロッテの第22回戦は、2対1で埼玉西武が勝利。2夜連続のサヨナラ勝利で、緊迫した投手戦を制した。

 序盤は締まった展開となった。埼玉西武の先発はルーキー・浜屋将太投手。9月16日の千葉ロッテ戦でプロ初勝利を飾っていた左腕は、今試合も3回まで1安打無失点と上々の立ち上がりを見せる。対する千葉ロッテの先発は、NPB復帰後2試合目の登板となるチェン・ウェイン投手。こちらもストライク先行の投球で、3回までを1安打無失点に抑えた。

 試合が動いたのは4回裏。先頭の源田壮亮選手が中安打で出塁すると、投ゴロで二進。1死二塁と好機を演出すると、4番・メヒア選手が左前適時打を放って先制に成功した。

 援護を得た浜屋投手は、6回まで無失点に抑える好投を披露。7回表に連打で無死1、3塁のピンチを招いたが、続く5番・マーティン選手を併殺に打ち取り、最少失点で切り抜ける。結局この回を投げ切り、自己最長となる7回を被安打4、1失点に抑える力投を見せた。

 なんとか勝ち越したい打線だったが、8回裏に無死3塁と絶好の好機を得るも、三直併殺など不運もあり、ここは無得点に。それでも9回裏、外崎修汰選手の四球から好機を演出し、山野辺翔選手の右前適時打でサヨナラ勝利を飾った。

 勝利した埼玉西武は、浜屋投手が7回4安打1四球2奪三振1失点の好投。山野辺選手は二夜連続でサヨナラの立役者となった。一方敗れた千葉ロッテは、先発のチェン・ウェイン投手が6回5安打5奪三振1四球1失点の好投も、打線が1得点に終わり、3連敗を喫した。

  123456789

  計 ロ 000000100

  1 西 000100001X 2 ロ チェン・ウェイン-唐川侑己-澤村拓一-●益田直也 西 浜屋将太-森脇亮介-○増田達至 文・望月優樹