10月19日、東京六大学秋季リーグの第5週2日目が行われ、降りしきる雨の中行われた第2試合の立大対東大は、6対2で立大が勝利した。

溝口監督が「大きかった」と評した先制タイムリーを打った立大・東

立大は初回、2死一、二塁から暴投で二、三塁とすると、東怜央(福岡大大濠)の2点タイムリーで先制。4回に1点を追加したものの2点を返され1点差とされた6回、四球で出塁した走者を暴投、三盗で進めると竹葉章人(4年・龍谷大平安)のスクイズで追加点を挙げる。さらにこの回、2死無走者から代打・宮﨑仁斗(2年・大阪桐蔭)が二塁打で出塁し、太田英毅(3年・智辯学園)のタイムリー三塁打で5対2とリードを広げる。
6回から救援した宮海土(2年・國學院栃木)は3回2安打無失点6奪三振の好投。投打がかみ合った立大が今季初勝利を挙げた。

好リリーフで今季初勝利の立大・宮海土

東大は4回に暴投で、5回には1死二塁から梅山遼太(4年・四日市)のタイムリー二塁打で1点差に迫る。さらに2死満塁と逆転のチャンスを作るも後続が倒れた。8回も2安打で1死一、二塁と走者を出すなど、立大と同じ8安打も追い上げはならなかった。

■立教大vs東京大
立大 200 102 100=6
東大 000 110 000=2
【立】中﨑、比屋根、〇宮海、栗尾-竹葉
【東】●井澤、横山、小宗、奥野、西山-大音

◎立教大・溝口智成監督
「(今季初勝利まで)正直、長かったですね。何とか2失点に抑えたのが勝因かなと思います。宮が流れを止めてくれました。初回の東のタイムリーも大きかったです。つながりで点を取れたというのはチームに勢いをもたらしたと思います」

◎立教大・宮海土 (2年・國學院栃木)
「自分の役割はリリーフで、前の投手からもらったバトンを自分が引き継いでしっかり後ろのピッチャーにつなぐことだと思っています。結果的に勝利を取れたのは嬉しいのですが、それ以上に自分の役割を果たせたことが嬉しかったです」