10月18日、東京六大学秋季リーグの第5週1日目が行われ、第1試合の東大対立大は、東大が9回2死から追いつき1対1の引き分けに終わった。

試合後、スタンドに挨拶をする東大の選手たち

東大は1点を追う9回、1死から大音周平(3年・湘南)がヒットで出塁すると、次打者の初球で二盗を決める。2死二塁と追い込まれるが、8番・梅山遼太(4年・四日市)がライトへタイムリー二塁打を放ち、土壇場で同点に追いつく。
その裏、無死からエラーで先頭打者の出塁を許すが、大音が二盗を阻止。また2死から死球と盗塁で2死二塁とサヨナラのピンチを招いたが、無失点でしのいだ。この日、東大は5投手を継投し、立大打線をわずか4安打に抑える好リレーで打線の同点打を呼び込んだ。
今季の特別ルールにより、試合は9回で打ち切り。2018年秋、明大2回戦以来となる引き分けに持ち込んだ東大。特別ルールにより引き分け時に与えらえるポイントを0.5獲得し、18年秋対法大戦以来となる勝ち点を獲得した。

立大・中川は9安打1失点1四球13奪三振と好投

立大はともに無得点で迎えた5回、1死からヒットと犠打で2死二塁と先制のチャンスを作ると太田英毅(3年・智辯学園)がライトへタイムリーを放ち先制。
先発した中川颯(4年・桐光学園)は今季ここまで3試合に登板し0勝1敗、防御率12.15と苦しんでいたが、この日は走者を出しながらも粘り強いピッチングで得点は許さず。9回、完封勝利まであと1死と迫ったところで痛恨の一打を浴びてしまったものの、復活の兆しとなる好投を見せた。

■東京大vs立教大
東大 000 000 001=1
立大 000 010 000=1
【東】西山、横山、小宗、奥野、井澤-大音
【立】中川-竹葉

◎東京大・井手峻監督
「今日は最初から継投と決めていました。(5回に)小宗が打たれてしまい、小宗をあそこで救えなかったので選手に救ってもらいました。明日また勝ちにいかないと、せっかく来た流れを渡さないようにしたいですね」
◎東京大・梅山遼太(4年・四日市)
「無我夢中であまり覚えていませんが、苦しい試合が続いていて、少ししかないチャンスだと思ったので、何とかチームのために一つ返さないと、という強い気持ちで打席に入りました」

◎立教大・溝口智成監督
「4安打なので、それでゲームを勝ち切るのは難しいですね。四死球も5個もらっていますし、1点しか取れなかったことが引き分けになった原因だと思います」
◎立教大・中川颯(4年・桐光学園)
「明大戦と慶大戦でチームに迷惑をかけたので、今日はエラーが出ようと、打てなくてもそれをカバーするピッチングを心掛けていたのですが、最後に1点を取られたのが甘さが出てしまったのかなと思います」