10月18日、メットライフドームで行われた埼玉西武とオリックスの第24回戦は、3対2で埼玉西武が勝利。序盤に挙げたリードを4投手の継投で守りきり、対戦成績11勝12敗1分でオリックスとの今季最終戦を終えた。

 埼玉西武は2回裏、オリックス先発・宮城大弥投手から2死満塁のチャンスを作ると、1番・金子侑司選手の2点適時打で先制。さらに続く源田壮亮選手にも適時打が生まれ、3点を先行する。

 埼玉西武先発・松本航投手は、力強いストレートを内外に投げ込み、ランナーは出すものの要所を締める投球を披露。5回表に福田周平選手の適時打で1点を失うも、その後は落ち着きを取り戻し、6回1失点で先発としての役割を果たした。

 7回表からは、盤石の投手リレーで逃げ切りを図った埼玉西武。まずは好調の森脇亮介投手が3者凡退で切って取ると、8回表には平良海馬投手が登場。この日スタメン出場の二塁手・山野辺翔選手に好守も飛び出すなど、こちらも3人で打ち取る。最後は守護神・増田達至投手が1点差に詰め寄られるも、リードは保ち試合終了。

 勝利した埼玉西武は、先発の松本投手が6回4安打1失点で今季5勝目。打線では栗山巧選手が2安打を放ち、存在感を示した。一方敗れたオリックスは、ドラフト1位ルーキー・宮城投手がプロ2度目の先発マウンド。6回5安打1死球3失点の投球を見せるも、プロ初勝利はお預けとなった。

  123456789 計 オ 000010001 2 西 03000000X 3 オ ●宮城大弥-吉田凌-山田修義 西 ○松本航-森脇亮介-平良海馬-S増田達至 文・岩井惇