「競泳・日本短水路選手権」(17日、東京辰巳国際水泳場)

 19年世界選手権男子200メートル自由形銀メダルの松元克央(23)=セントラルスポーツ=が、同種目を1分42秒10の短水路日本新記録で制した。自身が昨年大会で記録した日本記録を0秒31上回った。男子400メートル個人メドレーは萩野公介(26)=ブリヂストン=が4分2秒75で優勝した。

 大きな泳ぎでスイスイと。カツオが軽快に水を駆けた。「自己ベスト=日本新なので。狙って決勝に臨みました」。タイムを確認した松元は、笑顔で小さく拳を握った。

 本名は克央(かつひろ)だが、愛称は「カツオ」。19年世界選手権で銀メダルを獲得し、来夏の東京五輪では金メダルの期待も懸かる。その中、昨年マークした日本記録を自ら塗り替え「間違いなく強くなっているという証拠」と手応え十分。東京五輪延期に一度は落胆したが「記録が出て、しっかり強化ができていると感じられたのは大きい」と、金メダルへと向かう自身の進化に胸を張った。

 この日の自分自身については「まだまだ続くということで『これからカツオ』で」。勝負はこれから。成長は止まりそうにない。