V1女子の結果

 2020-21 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN(V1女子)は17日にアダストリアみとアリーナ(茨城県水戸市)など3会場で開幕し、計5試合が行われた。

 水戸市で行われた日立対姫路の開幕戦は、フルセットの大接戦となり、最後までどちらが勝ってもおかしくない展開となった。最終セット序盤は姫路が田中咲希のスパイクなどの連続得点でリードするも、日立は上坂瑠子のスパイクで同点に追いつき、一進一退に。その後、日立が佐藤美弥、上坂、入澤まいのブロックで引き離し、15-12でフルセットの激戦を制して、ホームで初戦勝利を飾った。

 一方、久光のホーム・佐賀県佐賀市(SAGAサンライズパーク総合体育館)で行われた久光対デンソーの1戦は、井上愛里沙らの活躍で久光がストレートでデンソーを下し、日立同様ホームで初戦勝利を飾ったが、デンソーも粘りを見せ、第1セット25-23、第2、第3セットはデュース(両セットとも26-24)となり、各セットとも接戦となった。同会場で続いて行われた昨年の決勝カードJT対岡山は、昨年の覇者・JTが小幡真子主将を中心とした粘り強いバレーを展開し、ストレート勝ちをおさめた。

 石川県白山市(松任総合運動公園体育館)で行われたPFU対KUROBEはKUROBEが舛田紗淑、シモーン・リーらの活躍でフルセットの大接戦を制した。同会場の第2試合は石川真佑がサーブやスパイクで活躍を見せた東レが埼玉上尾をストレートで下した。

【10月17日の結果】
日立3-2姫路(25-16、22-25、21-25、25-20、15-12)
PFU2-3KUROBE(20-25、25-19、25-19、19-25、12-15)
埼玉上尾0-3東レ(20-25、18-25、14-25)
久光3-0デンソー(25-23、26-24、26-24)
JT3-0岡山(25-20、25-22、25-21)


写真:堀江丈