10月16日、メットライフドームで行われた埼玉西武とオリックスの第22回戦は、埼玉西武が2対1で勝利。試合中盤に栗山巧選手の逆転打が飛び出し、カード初戦を先取した。

 埼玉西武の先発・今井達也投手は安打を許さない一方で、制球が乱れて四球の走者を背負う苦しい投球。しかしながら、要所で併殺を奪うなど、本塁生還は許さず踏ん張るイニングが続いた。対するオリックスの先発・山岡泰輔投手は安打こそ許す一方で、代名詞の縦スライダーと小さく変化するカットボール、さらにはシュートやシンカーなどの逆方向への変化も織り交ぜ、埼玉西武打線に的を絞らせない。両先発が正反対の立ち上がりとなったが、ともに序盤から5回を無失点に抑える展開となった。

 6回表にオリックスに1点の先制を許したものの、直後の6回裏に埼玉西武がすぐさま反撃に出た。1死から源田壮亮選手が安打を放つと、気迫のヘッドスライディングで盗塁を決める。続く森友哉選手も四球を選んで1、2塁とチャンスを拡大。2死となったところで、打席には栗山巧選手が入る。「僅差のゲームだったので、本当に後ろにつなぐんだという気持ちで打てたと思います」という言葉通り、見事に弾き返された打球はセンターへの2点適時二塁打となった。頼れる男の一打で、埼玉西武が試合をひっくり返した。

 1点のリードを守るべく、埼玉西武は勝利の方程式を投入。7回表は森脇亮介投手が圧巻の3者連続三振で制圧すると、8回表は平良海馬投手が150km/h中盤の速球を投げこんで無失点。9回表はオリックス打線も粘りを見せ、守護神・増田達至投手が2死満塁の大ピンチを背負ったものの、最後は福田周平選手を内野ゴロに打ち取って試合終了。

 埼玉西武は源田選手が失策で相手の先制につながる走者を許してしまったが、直後の安打と盗塁で流れを変えると、栗山選手の一打で逆転劇を呼び込んだ。キャプテンとベテランの活躍が光り、少ないチャンスを見事に得点へとつなげた。一方、敗れたオリックスは、序盤と最終回に得点圏へ走者を進めながらも、あと1本が出なかった。

  123456789 計 オ 000001000 1 西 00000200X 2 オ ●山岡泰輔-漆原大晟-富山凌雅 西 今井達也-○宮川哲-森脇亮介-平良海馬-S増田達至 文・吉田貴